El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メキシカン超トンガリブーツが熱い! 

メキシコ北部の都市、モンテレー発祥のTribal Guarachera(トライバル・ワラチェラ。クンビアやワラーチェを基本に、プレヒスパニック、アフロ要素をミックスしたエレクトロニックミュージック)が流行っているという噂はきいていたけど、マニアックなアメリカ人の間でもてはやされてるぽくて、ほんとうのところどうなのかなーと思ってました。

モンテレーのひとたちにきいても、メキシコシティで流行をおっかけてる友人にきいても「それって単にソニデロ(サウンドシステムをひっさげたDJで、元々はメキシコシティのパーティ会場でトロピカル音楽を普及させた。基本として流行の音楽をとりいれるので、テクノ、トランス、ハイエナジーなどを採りいれて今では多様化してる)を指してるんでは?別に新しい音でもないと思うけど」と言われてたので、うーむそうか、またピンチェグリンゴ(アメリカ野郎)が思いつきでピーピー言ってるのかと思っていたわけです。

で、モンテレーのTribal Guarachera流行の背後にはヒップホップグループのコントロール・マチェテのトイ・セレクターとかもいて、こいつが絡むとコマーシャリズムぽくなって一気に萎えるな(だってヒップホップからレゲトン、そのあとクンビアとかいって、今じゃ自分のことソニデロとか言ってて、あまりにもミーハーすぎる)という
風に感じておりました。
モンテレーの金持ちのボンボンの間で盛り上がっているかと思ってたので、食指が動かなかったのですが、そんな時に友人がこのドキュメンタリー映像を教えてくれました。



Tribal Guaracheraの流行がメキシコの内陸部のサンルイスポトシの町にきて、
そのエレクトロビートにあわせて農園育ちの若者たちが踊り狂っている!
しかも、その足下はメキシコの伝統的なウエスタンブーツのつま先が異様に長くなったものでキメている。チェックとか玉虫色とか色んな柄があって可愛いじゃないか(でも私は履かないけど)!
先っぽ部分はホースを使って工夫して作られているそう。
こ、これは、オリジナルすぎる!!かっこいい。
頭はソンブレロ、ジーンズはぴったりしたスキニータイプがオシャレとか。
それを昔からあるようなロデオがあるようなクラブで踊るという。
超地元に根付いた伝統と新しい感覚のミックス。
テキサスでもすごいモードになってるという話だし、こりゃ気になるな。

久々に萌えました。

やっぱりオリジナリティのある面白いものって、だいたい地方発信で、首都メキシコシティって遅れてるなーと思いました。

関連記事

[ 2011/04/24 11:40 ] おしゃれ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。