El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

YA BASTA! NO NUCLEAR 4月10日 反原発デモ 

nonuclear.png
2011年4月10日 東京、高円寺で「被災地支援義援金集め&原発いい加減にしろ!」
超巨大反原発ロックフェスデモが開催されます。

詳細は素人の乱5号店 店主日記の
4月10日 反原発超巨大デモ!!! を見てください。

追記*2011年4月4日
デモのサイトがオープンしたそうです。

4.10 原発やめろデモ!

現在、サイトで賛同メッセージを受け付けているそうです。
ぜひ、書き込んでください。

メキシコの反原発活動ブログ、
No a la energia nuclear +música+cultura+vida
でも、スペイン語で案内しています。賛同いただけるスペイン語話者のご友人、知人にお伝えください。
こちらをご覧下さい。

また、同日高円寺のデモのまえに別のデモも行われます!
『浜岡原発すぐ止めて!4・10東京―市民集会&デモ』
詳しくはこちらをご覧ください!



日本に居る方、ぜひ参加しましょう!
私も、ものすごく、デモに参加したい。
でも物理的に参加は無理なのでメキシコでも行動を起こしていきます。

震災のうえに、原発爆発のような人災の発生。
頭を後ろから強く殴られたような衝撃を3月11日からずっと感じています。
日本を離れてメキシコにいる私ですが、
ここまで自分のことをふがいなく、つらく思った日々はありません。
いま多くの人々が、同じような気持ちを抱えているのではないかと思います。


私の実家がある場所は静岡県浜松市。浜岡原発から40Kmほどの場所にあります。
元は大家族だったのですが、私も18歳で実家を離れ、祖父が亡くなり、母が亡くなったあと父は恋人と暮らすために家を出ました。
そして2年ほど前に祖母が亡くなり、弟は自分のスペースが欲しいということで、実家の敷地内にある小さな部屋に住んでいますが、家に残るのは70代の叔母(父の姉)ひとりだけ。
結婚なんてアホらしいと、生涯独身を貫いている叔母は、かつて安保闘争に関わっていて、トロツキーのファンでもある気丈な女性です。そんな彼女ですら、気弱になって毎日ハラハラしていると。いまの状況なら、そう感じるのも当然です。
思わず「もう、どうせならメキシコに来ちゃいないよ。一緒に住もう。トロツキーもメキシコで亡くなったんだしさ」と言ってしまったけど、彼女がそんな申し出を受け入れることはないのもわかっていました。

第2次世界大戦中、祖父は、他県に単身赴任していたので、祖母が空襲の焼け野原のなか、女ひとりで5人の子供を抱えながら探し回り、やっと見つけたのが、いまの私の実家のある場所です。
そこは、かろうじて雨を凌げるくらいのニワトリ小屋が立っているだけ土地。その何もない土地をならし、耕して畑を作り、子供たちを育てたのです。そんな場所をうちの叔母が簡単に捨てるわけがない。

戦後日本も発展して行きました。1976年には浜岡原発が立ち、静岡県も浜松もみるみる発展して行きました。
そして何の苦労もしないまま育った私は、自分の故郷にいるのが嫌で上京しました。浜松よりも、もっと発展している東京には何でもある、ここにはない文化もある...と。発展のなかに身を置く自分に憧れていたのでしょう。都会の一員になることで社会に認められるような気がしていたのです。でもそれはとんだ感違いでした。

いまは「発展が素晴らしい」「発展が文化を生む」という言葉が、虚しく響きます。


日本はものすごい貧乏だったのに、それを忘れて、いつのまにか、とんでもない見栄っぱりになっていた。発展に発展を重ね、効率的なエネルギーが必要になり、原発をじゃんじゃん建設していった。そしてその結果が、この状況を生みました。

そんなとき、友人が「地震は誰のせいでもない。原発は愚かな日本政府と、自分も含め、行動しない国民の責任」と書いていたブログを読んで、
「そうなんだよ、マジで私のせいでもあるんだ」ということを改めて痛感。

とても大事なことを、昔から原発は危ないって知りつつ、大切な人々が日本にいるにも関わらず、ほったらかしにしたまま、メキシコに移住してしまった。

電気がたくさん、なくたっていいじゃない。

発展しなきゃ、と思わなくたっていいじゃない。

地球に原発はいらないよ。

もう、ボーッとしてる場合じゃねえ。
関連記事
[ 2011/03/29 10:37 ] お知らせ | トラックバック(-) | CM(12)
今は亡き忌野清志朗が、だからいわん
こっちゃねえと嘆いているでしょう。
23年も前に、発禁ゆえにThe Timersの名義でLove me tender核などいらね
放射能いらね牛乳飲みてえと歌って
たのにぼくら一般庶民はとうとう
目を覚まさずにきたのだから。
もう一度一般庶民全体で身の丈にあった生活へと見直して、希望へ向かって
歩みだす時かもしれません。憂いを
訴え歌い続けた故・清志郎を偲び
いたたまれない気持と再出発へ
ぼちぼち行かなの思いと、です。
[ 2011/03/30 17:06 ] ボン 大塚 [ 編集 ]
ほんとですね。タイマーズの歌。
清志郎はいろんな大切なことを音楽にのせて
教えてくれましたよね。
なんとかしないとです。
[ 2011/03/30 17:55 ] ナガヤーマン [ 編集 ]
何度も何度も、ナガヤーマンの文章を読み返しました。
うん、もう、ボーっとしていられないね。
今度、反原発運動に関わっている、田中優さんの講演会が、浜松で行われるので、行ってきます。
今、自分たちに出来ることを、見付けてきます。
[ 2011/03/31 04:46 ] ながヤング [ 編集 ]
>ながヤングさん

久しぶり!!!コメントありがとう!
そう、みんなが意識的になっていかないと
自分すら守れない。またメールします!!
[ 2011/03/31 08:23 ] ナガヤーマン [ 編集 ]
メキシコで原発反対の行動をするなら、是非参加します。
日本の未来を考えたら、今やめなければ原発ですよね。
二度と今のような事が起こらないように。
遅かったけど、やっぱり皆で考えなければ。。。。
浜松なのですね。実家。
twitterからきました。
[ 2011/04/02 22:58 ] メキシコのおばちゃん [ 編集 ]
>「メキシコのおばちゃん」 さん
ありがとうございます!追って、メールします!
[ 2011/04/03 08:47 ] ナガヤーマン [ 編集 ]
今回のご行動、賛同致します。メキシコでもベラクルスの原発が心配です。彼女の実家がベラクルスで、原発以外も環境汚染も相当ひどく、近くでこどもが遊んだりしているのを見ると、胸が痛みます。何かお手伝いできることあれば、ご連絡ください。
メキシコの未来がより良くなるように出来ることから始められればと思います。
[ 2011/04/03 20:02 ] ShotaKayama [ 編集 ]
> Shotaさま

ありがとうございます!いまイベント開催のために動いているので、いろいろ決まったら改めて連絡させていただきます。よろしくお願いします。
[ 2011/04/04 11:13 ] ナガヤーマン [ 編集 ]
メール送ってなくてゴメン。仕事より、ブログ先に書こうと思って。
No a la energia nuclear +música+cultura+vida と、このブログの
紹介したっち。
で、YouTubeにあった「浜岡原発の危険を語る」1~5貼付けました。
時間があるときに、ぜひ。
タイマーズのラブミーテンダー
追悼:忌野清志郎
http://ameblo.jp/vagabunda/entry-10254255982.html
[ 2011/04/05 09:08 ] vagabunda [ 編集 ]
Vagabundaさま

ブログ見ました!ありがとうございます!!ぜひ花見もデモも参加してくれーー!私の分も。
youtubeも見ます!!!
[ 2011/04/05 09:14 ] ナガヤーマン [ 編集 ]
はじめまして。
このデモ行ってきました~。
巨大過ぎて全体像がよく分からなかったですが、個人的に衝撃を受けたことをひとつだけ。
姿は見えなかったですがレゲエMCが始まり・・なんか聴いたことある、なんだっけ・・ああ!ランキン・タクシーの反原発ソング!
20年くらい前に聴いていた曲だと思い出しました。
それにしてもこの20年間、自分は、自分たちは何をやっていたのだろう。。
今度こそ、今こそ絶対に原発を止めなければ。それは今しかないんだ、と改めて強く思いました。
ところでこちらのサイトと素人の乱は別々に、頻繁に見させてもらっていたのですが、ここでつながってしまいびっくりでした^^
[ 2011/04/12 07:45 ] quicia3a [ 編集 ]
> quicia3aさま

ランキンタクシーさん、私も20年ほど前に代々木チョコレートシティ(だっけ?)のイベントに何回か行った事があります!!(ということは、私と貴女は同世代??)素人の乱のメンバーの何人かのことを昔から知っていて、私がメキシコにいる間にすげー有名になってたので、正直びっくりしてます!!楽しい事を真剣に追求する姿勢が、ふざけていると思われるのか、色々いちゃもんをつけられがちな彼らですが、私は好きですよ。彼らの今回の動きがなかったら、私もメキシコで真剣に動こうと思わなかったかもしれない。彼らが立ち上がったことに影響を受けた人はたくさんいると思います。
[ 2011/04/12 17:24 ] ナガヤーマン [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。