El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

朝日中学生新聞  

3月27日発行の朝日中学生新聞内の記事、「Hi 世界の中学生」に
地震の多い国の中学生たちからの日本の中学生に向けてのメッセージが掲載されるそうです。
そのなかのメキシコの中学生の少年にインタビューするのを手伝わせていただきました。
メキシコも1985年にマグニチュード8.1、死者5900人以上を出す大地震が起こりました。
震災の被害がひどかった首都メキシコシティは壊滅状態にありながらも、
人々の努力で復興しました。
少年は「震災のときは階級や立場も関係なく(メキシコは世界トップクラスの階級社会)、多くの人々が団結して、苦難を乗り切ってきた」というのを震災経験者である家族からきいてきたそうです。
私も質問しながら、少年の言葉にかなり励まされました。
もしも機会があったら、ぜひ読んでみてください。





関連記事

[ 2011/03/26 22:03 ] お知らせ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。