El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ソトコトにレニャテロス工房連載第2回目掲載 

cover_201101.jpg sotokotolenateros.jpglogosotokotorensai.jpg

先月からソトコトのトランジット・ドロップという枠のなかでの連載が始まっている「MEXICO レニャテロス工房の錬金術~共に作りあげた35年」。メキシコ南部チアパス州の古都、サンクリストバル・デ・ラスカサスを拠点に、マヤ系先住民の人々やメスティーソ(先住民とスペイン系の混血)を中心に結成された製紙、製本、版画の活動をしているレニャテロス工房について紹介していきます。

2010年12月5日に発売された2011年1月号掲載の連載弟2回目は"マヤ文化を伝える魂の本が生まれるまで。"と題して、アメリカ人として生まれ、メキシコに帰化したアンバル・パストさんが、どうやって工房を始めたのかについてを書いています。工房創設時の貴重な写真も貸していただきました!

lenaTienda.jpglenaShop2.jpglenashop3.jpg

クリスマスプレゼントにもぴったりのレニャテロス工房の手透き紙による素敵な本やノートは、工房の拠点であるチアパス州サンクリストバルのショップだけでなく、メキシコシティの民芸品博物館MAP(museo de arte popular)のショップでもいくつか販売されているので、もしもメキシコにいらっしゃる方、ぜひ立ち寄ってみてください。


carendario_portada.jpg
photo by TAMANA ARAKI

↑レニャテロス工房の2011年のカレンダー、私もゲットしました。すごい可愛い!!
(これはサンクリストバルじゃないと買えないかも...)

↓中身はこんな感じ。すべて手刷りです!
carendario1.jpgcarendario2.jpg
carendario3.jpgcarendario4.jpg
photo by TAMANA ARAKI

carendario_proceso.jpg
photo by TAMANA ARAKI

レニャテロス工房のホームページ日本語訳も現在進んでいるようです!
また、完成したら、こちらでもお知らせします。

関連記事:連載第1回目の情報はこちら
関連記事

[ 2010/12/08 08:03 ] チアパス、レニャテーロス工房 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。