El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2010年死者の日3 サパティスタ民族解放軍のオフレンダ 

ofezlnA.jpg

メキシコシティのダウンタウンにあるベジャスアルテス(国立芸術院)の正面玄関前に11月2日EZLN(サパティスタ民族解放軍)のオフレンダ(祭壇)が登場するという情報をキャッチしたので行ってきました。

ofezlneAA.jpg



ofezlnC.jpg
OFezlnB.jpg


広範囲なので、ちょっととっちらかってる感じもしますが、ディティールが見応えあります。

Ofezln6.jpg
Ofezlne7.jpg

たくさんのガイコツ人形に目出し帽を被らせているのが気に入りました。

OFezln.jpg

ガイコツを並べる場所に死人のデスマスクのようなものを並べています。

ofezlne11.jpg

棺桶のオブジェの横にはメキシコ市長のマルセロ・エブラルを批判したポスターあり。
よく調べないとわからないんですが、メキシコシティの目抜き通りに市営のきれいなバスを運行開始して、そこで商売していた路線バスを無理矢理廃止したんで、多くの運転手が職を失いました。それに対しての批判ではないでしょうか?

ofezlne5.jpg
Ofezln9.jpg

ここではチェゲバラ、チリのシンガー=ビクトル・ハラなど活動家だったために殺された人々や
EZLNの活動に関わっていた故人たちの肖像が飾られています。
2009年に亡くなったEZLNのコマンダンテ=ラモナや
なかには最近20歳で亡くなった若い活動家の写真も。

Ofezln8.jpg

そして国境の街シウダーフアレスで殺された女性たちの写真もありました。

ofezlne13.jpg

チアパス州のアクテアルで
先住民47人が虐殺された事件の被害者を祀っているものなど....

闘争のなかで、いったい何人が殺されているんだろうと考えるとゾッとします。
EZLNらしい抵抗の姿がオフレンダに現れていました。

OfEzln16.jpg
ofezlne14.jpg

観光の名所でもあるベジャスアルテスの真ん前で、
こんなオフレンダを実現したのは素晴らしい。
あと、これに協力したベジャスアルテスの心意気はいいなと思いました。

今年の死者の日オフレンダ大賞は間違いなくこれですね。


関連記事:

国際人権映画祭2009の記事

メキシコシティで行われた人権映画祭の記事ですが、アクテアルの虐殺事件などメキシコの先住民問題を扱った映画について書いています。


以下2つはシウダーフアレス女性連続殺人事件を扱った映画についての記事。

ドキュメンタリー『BAJO JUAREZ』について

劇映画『BACKYARD』について
関連記事
[ 2010/11/03 09:17 ] 日常と社会 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。