El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NORTEC presents ボスティッチ+フッシブレ新作! 

BG5097.jpg

アメリカ合衆国との国境の街、ティファナ発のエレクトロニックミュージック・グループ=ノルテックコレクティヴのボスティッチ+フッシブレの新作『ブレバール2000』がミュージックキャンプより2010年9月12日に日本発売されます!

NortecCollective.jpg
写真は2010年のFMXフェスティバルでの演奏↑


前作『ティファナ・サウンド・マシーン』に引き続き、今回も、ライナーを書かせていただきました。
ライナーはリーダーのフッシブレへ特別にインタビューをしたものを活かした内容になっていて、読んでいただければ音楽の背景や彼らが活動の拠点にするティファナについても理解していただけると思います。
メキシコ版ダフトパンクのような、ボコーダー多用でポップだけど、メキシコ北部伝統音楽とのミックスが唯一無比。ポップなのにダーク。ほかのメキシコ北部の地域同様に、現在ティファナは麻薬抗争の最前線になっています。しかし、ノルテックの音楽からは、そんな状況にありながらも、ポジティヴな形のティファナを発信していきたいという思いがビシバシ伝わって来るようです。

マスタリングはダフトパンク、ビョーク、アンダーワールド、ソウルワックスのアルバムを手がけるベテラン、Nilesh Patelが務め、ゲストミュージシャンには、カナダのフォーキーなエレクトロニックミュージック・プロジェクト=ビタミンズフォーユーのブライス・クシュナーがリリックとヴォーカルで参加するほか、サンフランシスコのエレポップバンド、ロクワットのヴォーカル/ギターのカイリー・スウェンソンも2曲目の「 I Count The Ways」で美声を聴かせます。また、オーケストラのアレンジは、バハカリフォルニア州立交響楽団を指揮していたアルバルト・ヌニェスが担当しています。

前作よりもさらに面白くなっているので、ぜひ聴いてみてください!!

試聴はこちらから

ところで、ノルテックのアジア&ヨーロッパ凱旋ツアー出発前夜の昨日、9月9日にメキシコシティで行われたライブに行ってきましたが、平日の夜にも関わらず、超満員。
お客も踊るっていうよりも、ぴょんぴょん飛び跳ねて、かけ声をあげて、祭りというかなんというか、みこし状態でした。
しかし、サーフのロストアカプルコのライブのときにも思ったんだけど、インストの曲なのにオーディエンス同士で、暗黙のかけ声とかあるんですねー。まさかノルテックみたいなテクノ系のグループでも、そういうのあるってのに、びっくりしましたね。いや~、メキシコ人ってオリジナルすぎるわ~。
外タレが、メキシコでコンサートやるの大好きなのわかるわ。だってめちゃめちゃ盛り上がってくれるから。

そんなわけで、大盛況に終わったライブで、きっとノルテックたちもパワーをもらったことでしょう。
9月14日には上海万博で演奏した後に、ヨーロッパツアー。それが終わったら、ムーグフェストに出演するそうです。

関連記事
[ 2010/09/10 20:31 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。