El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ソトコトにジュエリーアーティスト、鎌田治朗さんの記事 


SOTOKOTO (ソトコト) 2010年 10月号 [雑誌]SOTOKOTO (ソトコト) 2010年 10月号 [雑誌]
(2010/09/04)
不明

商品詳細を見る

2010年9月4日発売のソトコト2010年10月号に、ドイツはミュンヘン在住のジュエリーアーティスト、鎌田治朗さんの記事が掲載されています。TRANSIT DROPという枠内のインタビューページです。
鎌田さんは中古カメラや、サングラスのレンズを素材に、モダンで印象的なジュエリーを作っています。

ラテンとはまったく関係なさそうな感じの記事なのですが、実は、鎌田さんとの出会いはメキシコシティでした。ちょうど、以前のブログ記事でも紹介したコンテンポラリージュエリーの国際シンポジウム開催中に偶然知り合ったのです。で、きっと鎌田さんは短い滞在だろうし、取材する時間はないだろうなーと思っていたところにアイスランドの噴火があり、メキシコシティで足止めをくっていたおかげで、インタビューすることが出来ました。
しかも、共通の友人(ゴーグルエースの元ベーシスト、ノリコ・オリーヴさん)がいることまで知ってビックリ!
そんな奇妙な偶然が重なって、実現したこの記事。
私にとって、ものすごく久々の、「ラテンをテーマにしていない」文章かも.....と今気がつきました。
記事を書かせてくれたソトコト編集部に感謝します!

鎌田さんのジュエリーはホームページに掲載されていますので、ぜひご覧ください。
関連記事

[ 2010/09/05 20:40 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。