El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ノルテック終結宣言、独占インタビュー 

nortec_motelbaja.jpg
↑ノルテック最後のアー写(?)は、自分たちそっくりなマスクを被ったもの....

メキシコ北部の米国との国境の町、ティファナ発のテクノ・コレクティヴ、ノルテックのBostich+Fussibleが、最新アルバム『MOTEL BAJA』を9月16日に全世界リリースしました。なんと、本作が最後のノルテックの作品となり、そのツアーを最後にノルテックを終結すると宣言しています。ラテンアメリカのテクノを代表し、15年活動してきたノルテックが、今なぜ終結を決意するのに至ったのか……その真意について、2014年9月20日発売、月刊ラティーナ10月号の記事のために、ボスティッチとフッシブレに独占インタビューをさせていただきました。ぜひぜひ読んで下さい!

月刊ラティーナ10月号では、『グローカル・ビーツ2014』として、世界のルーツに根ざした新しい音楽を特集しています。
まだ手元に届いていないのですが、すっごく面白そう!到着が楽しみです!
latina_1410.jpg

10月号の詳細はこちら 

また『モーテル・バハ』の国内流通盤のライナーも書かせていただきましたが、そちらには、本人たちによる全曲解説が掲載されています。

BG5169.jpg
ノルテック・コレクティヴ・プレゼンツ・"ボスティッチ+フッシブレ" 『モーテル・バハ』

試聴は発売元のミュージックキャンプのホームページでできます→ノルテック・コレクティヴ・プレゼンツ・"ボスティッチ+フッシブレ" 『モーテル・バハ』

このアルバム、彼らが好きなことを思いきり詰め込んだような内容で、ゲストにはトム・トム・クラブ、元クラフトワークのヴォルフガング・フリューア、アトムハートなどが参加しています。

ちなみに『モーテル・バハ』の仕上げ作業を行ったのが、旅のwebマガジンTABZINEの【とっておきの一夜をどうぞ。泊まってみたい「メキシコの奇妙なホテル」5選 】でも紹介した、デザインホテル、エンクエントロ・グアダルーペというのが面白い。このホテル、バハカリフォルニア州エンセナーダのメキシコ最高級ワインの産地、バジェ・デ・グアダルーペにあり、ワイナリーとぶどう園の中に建てられている小屋みたいな高級ホテル!『モーテル・バハ』には、そこで行われたパーティ形式の公開録音の曲も含まれるのですが、その場にいたオーディエンスたちは、まさかノルテックがこれで終わるとは思ってもいなかったようで、大自然のもとでパチャンガ(どんちゃん騒ぎのパーティ)を楽しんでいたそうです。

ノルテックは終わっても、その国境のパワフルさと哀愁を包み込んだ音楽は、世界のどこかのパチャンガで鳴り響き続けることでしょう。


↑『モーテル・バハ』のティーザー。うーむ、あやしい.....。


関連記事

[ 2014/09/19 16:23 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。