El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アルゼンチン「5月広場の母たち」のリーダーの孫が見つかる 

Facebookが今ほど普及していなかった数年前まで、メキシコでは、失踪か誘拐でいなくなってしまった人たちを家族や仲間が必死に探しているという同報メールが頻繁に届いていた(現在ではその役割をFacebookが担っているようだ)。頻繁に回ってくるうえに、すでに解決している件や、スパムメールだったりするものもあるので、あまり真剣に受け止めていなかったのだが、そんなメールのなかでも、ちょっと異質なものを受け取ったことがある。

アルゼンチンの年老いた女性チチャ・マリアーニが彼女の孫、クララ・アナイ・マリアーニを探しているという内容であり、チチャは、老齢のため周りの人々の力を借りて、この手紙を書いたとのことだった。

手紙の文面に添えられた赤ちゃんの写真と出生証明書には、クララ・アナイ・マリアーニが「1976年に生まれた」となっている。
1976年?.....もしそうだったら、とうに大人になっている年齢だ。


File.jpg


手紙を訳すとこんな内容になる。

愛する孫へ

私はあなたの祖母、チチャ・チョロビック・デ・マリアーニ。
ラモン・カンポスの右腕であったミゲル・エチェコラスによる特攻隊があなたの母を殺し、アルゼンチンのラプラタにある自宅からあなたを誘拐して以来、あなたを探し続けています。
それは1976年11月24日に起こり、あなたは生後3ヶ月だった。あなたの父と一緒にあなたを探したけれど、彼も殺されてしまった。


周りは、あなたは銃撃戦に巻き込まれて亡くなったと私に言いきかせようとした。でも、私はあなたが生きているのを知っている。きっと、あなたは生き延びて、誰かの元にいると。
私の手元にある書類には、25476305というあなたの国民番号が書かれている。
もうあなたは31歳を迎えているはず。
あなたの赤ちゃんの頃の写真と、この文章を読みながらじっくり比べて見てほしい。

あなたの父方の祖父は音楽家で、祖母である私は造形芸術家です。あなたの母方の祖父母は科学に従事し、あなたの母は文学を愛し、あなたの父は経済学の学士号を持っていた。あなたの両親は、社会へ向けての連帯と決意を持っていた。
きっとあなたは私たちのエッセンスを持っていることでしょう。あなたは他所で育ってきたにも関わらず、両親から受け継がれたものを宿しているはず。
確実にあなたの中で、この事実に関して多くの疑問が起こると思うし、その答えはみつからないこともあるでしょう。

80歳を迎えた私が望むのは、ただあなたを抱きしめ、あなたの眼差しを受け止めること。
あなたが私の元を訪れてくれたら、どんなに嬉しいか。永きにわたって、あなたと出会える日を信じて、ふんばってきた私も報われる。
クララ・アナイ。あなたを待って、探し続けます。


あなたを抱きしめるあなたの祖母、チチャ・マリアーニより




この手紙を書いた人物は、チチャ・チョロビック・デ・マリアーニ。
アルゼンチン独裁政権下で行方不明となった子ども、孫たちの家族によって結成されたグループ、「5月広場の母たち」の創始者のひとりである。


アルゼンチンでは、ラファエル・ビデラが指揮する軍事政権下により、1976年から1983年まで「汚い戦争(Guerra sucia)」が起こり、3万人近くの学生、活動家、ジャーナリストらが殺され、多くの行方不明者が出た。
その家族たちが政府に抵抗の姿勢を示し、行方不明者たちがどこにいるのかについて、政府の返答を待つために1977年4月30日から行動を起こした。毎週木曜日、大統領官邸の目の前にあり、ブエノスアイレスのシンボルである5月広場に集まったのだ。その女性たちは白いスカーフで頭を覆い、5月広場のモニュメントの周りを、ただ歩き続けた。兵士たちは、「頭がおかしい女たち」とまともに取り合わなかったが、その姿が内外から話題を集めた。いつしか彼女たちは「5月広場の母たち」と呼ばれ、ラテンアメリカを代表する闘いの姿として知られるようになった。


5月広場の母たちの姿(アルゼンチン教育テレビ局、Canal Encuentroの映像)


チチャは、行方不明者たちの家族に呼びかけていき、「5月広場の母たち」の運動は大きくなった。
司法にのっとって、行方不明になった子どもたちや孫たちを自由に捜索できるようになっていき、少しずつ失われた孫たちが姿を現すようになってきた。
チチャは「5月広場の母たち」から1989年に脱退しているが、現在もアナイを探し続けている(ラテンアメリカに配給されるアルゼンチンの大手新聞クラリン創業者ロベルト・ノブレの妻で、夫が亡くなった後は、クラリン・グループのトップのひとりとして参画するエルネスティーナ・エレーラ・デ・ノブレの義理の息子たちが、独裁政権下に奪われた乳児なのではと騒ぎになり、そのうちの娘のほうが、チチャの孫なのではという疑惑が生じた。だが未だに解決していない)
そして、本日2014年8月6日、「5月広場の母たち」の代表、エステラ・デ・カルロットの孫ギドが見つかったというニュースが世界じゅうを駆け巡った。

BBC MUNDOのニュース記事より

ギドの母は、ラウラといい、1978年6月に彼を出産してすぐに殺された。ギドはその後にさらわれ、行方がわからないままとなった。36年たった今、ようやく祖母との対面を果たすこととなったのだ。
その孫はイグナシオ・ウルバンという名で、ミュージシャン(ピアニスト)として、ジャズ界で活躍しているという。
名の知れたミュージシャンであるイグナシオがテレビに出演する姿を見た者たちが、カルロットの家系の顔ではないかと言っていたこともあったが、彼は農村の出身で、人違いとされたのだった。その後、彼が自身の出生について不確かなことに気がつき、DNA鑑定を受けたところ、99%エステラの孫という結果が出た。
アルゼンチンでは国をあげて、エステラとギドの再会を祝っている。



エステラの永きに渡る闘いを元に描いた映画、Nicolás Gil Lavedra監督『Verdades verdaderas』(2011)予告編

今回の出来事は、独裁政権で亡くなったり、行方不明になった人々の家族のなかでは、「汚い戦争」が終わった後も、その闘いが未だに続いていることを表している。

アルゼンチン軍事政権下で乳児たちを誘拐した罪で、元大統領ホルヘ・ラファエル・ビデラに禁錮50年の刑が言い渡されたのは2012年だというから、誰がきいても納得がいかない話である。ビデラは2013年に刑務所内で亡くなった。

独裁政権下で数千人の若者たちが行方不明になったなか、「母たち」の捜索により、見つかった孫たちは現在ままでで、114人。未だに数百人の孫たちの行方がわかっていない。

そして、世界では今も戦争が起こり続けている。




関連記事

[ 2014/08/06 15:13 ] 日常と社会 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。