El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メヒ山メヒ子とポサダ没後100年記念展覧会 

オラ〜!(カラ元気)最近あまりブログ更新してなくてすんません…..
誰が見てるのかわかんないのですが、地道に告知を。

2013年3月よりZuquuuuunというサイトで、メヒ山メヒ子として、ほぼ毎週メキシコ/ラテン情報コラムを書かせていただいてます。ぜひご覧ください!(ちなみに今まで書いてきた記事リンクはこちらのページで)

メキシコの旅情報、オールアバウト・メキシコもほぼ毎月更新しております。

さらに、アガベシロップのRYUCAの発売元TOMAYのブログ『カラフル・メキシコ ムーチョグスト』でもメキシコ暮らしコラムを書かせていただいております。こちらは、7〜10日おきぐらいに更新しております。

それで、先日『カラフル・メキシコ ムーチョグスト』 の『ポサダがいなくなってから100年』 という記事でも紹介しましたが、メキシコを代表する版画家で、ガイコツ貴婦人カトリーナの生みの親、ホセ・グアダルーペ・ポサダ没後100周年イベントが、現在メキシコ各地で行われています。メキシコシティでもMUNAL(国立美術館)や、Museo del estanquilloなど複数展覧会が行われているわけです。

今日は散歩中にMuseo Nacional de la estampa(略してMUNAE 国立版画博物館)でもポサダ展が開催中なのを発見。

IMG_1012.jpg


さっそく行ってきました。

小さいミュージアムですが、版画専門の博物館なだけに、ポサダに対する意気込みも、ほかのミュージアムの展示より強く感じられました。

IMG_1013.jpg

IMG_1015.jpg
IMG_1032.jpg
IMG_1016.jpg

オリジナルの版とともに作品が展示されているのが、よいです。他のミュージアムではこういう展示の仕方はしていなかった。


とくに気に入ったのがこれ。ポサダが死ぬまで過ごしたテピートの片隅の工房を再現した部分。
IMG_1048.jpg

中も凝ってる!!
IMG_1051.jpg
IMG_1053.jpg
IMG_1052.jpg

IMG_1055.jpg
これは、彼が好んで吸っていた葉巻かしら?

IMG_1056.jpg

カラベラ(ガイコツ)のオブジェもいろいろ飾ってあったりして可愛らしい。

IMG_1038.jpg

トイレの前にもガイコツオブジェが!

MUNAL(国立美術館)の展示は6月16日で終了してしまいますが、このMUNAEのポサダ展は7月28日までらしいので、この期間にメキシコへいらっしゃる方ぜひ、ご覧ください。ちなみに日曜は入館無料。

展覧会ホームページ

同じ敷地内のフランツマイヤー博物館もおすすめですよ。メキシコの古い家具や調度品、民芸が好きな人には楽しめます(こちらは火曜入館無料)。



関連記事

[ 2013/06/12 00:25 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(2)
2週間前、前の噴水まで行った。
骸骨のオブジェが愛嬌があってよろしかったです。
今度行ったら中まで行ってみるかな。
[ 2013/06/12 02:36 ] うf [ 編集 ]
>うfさま

もしもいく機会があったら、ぜひ。小さいけど愛があふれる展示内容でした。
[ 2013/06/13 06:13 ] chola [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。