El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラティーナ2013年5月号 

latina201305cover.jpg

現在発売中のラティーナ2013年5月号に掲載されている現代のチカーノミュージックを牽引する3グループを紹介する記事『ロサンゼルスに生きるチカーノ新世代 コミュニティに根ざした体験を音にのせて』を書かせていただきました。5ページにわたる記事です!ぜひ読んでください!!!!

まず、日本でも大人気で、チカーノ界のゆらゆら帝国ともいわれる、ガレージ、サイケ、ソウルを融合したバンド、Chicano Batman(チカーノ・バットマン)。1stアルバム『チカーノ・バットマン』 とEP『ホベン・ナベガンテ』 が日本発売されてます。
BG5115_20130424142208.jpg



ビデオもかっこいい!


BG5142.jpg
つづいて、先日日本でアルバム『カンタ・ガヨ
がリリースされたばかりのトリオ、El Haru Kuroi(エル・ハル・クロイ)。ブラジルの音楽ムーブメント、トロピカリズモに影響を受けています。けだるいヴォーカルと変拍子がクセになる音です。アルバムとグループの詳細はバリオ・ゴールド・レコードのブログを!


BG5138_20130424142207.jpg
そして、こちらも日本で発売されたアルバム『イッツ・タイム』 が好評のソンハローチョ・グループ、Las Cafeteras(ラス・カフェテーラス)。
さきごろ、グラミー賞のラテンオルタナティヴミュージック部門で受賞したケッツアルと同じく、イーストLA出身で、コミュニティから生まれたグループです。


反逆のラ・バンバ!

関連記事はこちら 

今回は3グループのインタビューをもとに記事を書いたのですが、

とくに、ラス・カフェテーラスは、こちらのつっこんだ質問にも丁寧にこたえてくれて、なるほど〜!とうならされることばかりでした。
レイジのザックやオゾマトリにしても、なぜチカーノたちは数あるメキシコ音楽のなかでも、ソンハローチョに惹き付けられるのか、という疑問に、ずばっと明確な答えをもらいました。

最初はデモや社会運動の集会のときに音楽を演奏するつもりで、ソンハローチョを習うようになったという彼らが、4年間の活動でスタジアム級の大きなコンサートをするまでに成長したそうです。人生って面白いね。というか面白くするのは自分の行動しだいなのですね.....ってあたりまえなことなんですけどね。
私もさぼってたハラーナの練習、そろそろ復活しないとなあ。
別にミュージシャンになってクラスの女子にモテたいとか思ってないですけど。


関連記事

[ 2013/04/23 21:20 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。