El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ベネズエラMUCHOCUMOのPVに日本語字幕 

2013年3月5日に亡くなったベネズエラの元大統領ウーゴ・チャベスの後継者である、ニコラス・マドゥロが4月15日の大統領選で当選。その結果により暴動が起こり、死者がでたりして大変な混乱になっているようです。
これが不正であると訴える対立候補のエンリケ・カプリレス・ミランダが再集計を要請し、今週から票の再集計が行われることになりました。米国は、票の再集計を推進してるそうだが(なんなんだ、その横やりは!自分の土俵でもないのに)私個人としては、マドゥロが大統領でいいじゃないかと思うんだけど。
さて、その結果はいかなるものでしょうか。

そんななか、このブログの記事、「ウーゴ・チャベスは去らず
で紹介した、チャベス政権の政策のひとつのヒップホップによる社会プログラム=HIPHOP REVOLUCIONより誕生した、バリオの子どもたちによるクルー、ムーチョクモ曲『Nuestra Juramento(俺たちの誓い)』のビデオに日本語字幕がつきました!

歌詞対訳し、日本語字幕をつけたのは、「やくざなキューバブログ」を運営するルリさん。ルリさんはS YAKUZAという名前で、多くのラテンアメリカのラップに字幕をつけるチャンネルも持っているので、必見です!
歌詞対訳にあたって、『Nuestra Juramento』のリリックを送ってくれたMUCHOCUMOのRafaelと、プロジェクトを支えるAREA23(ベネズエラを代表する社会派ヒップホップクルーです)のMaster Madrizに感謝!日本に彼らのメッセージが伝わることを喜んでくれています。
ぜひ、見てください!



ちなみに、グループ名のMUCHOCUMO(ムーチョクモ)とは、「たくさんのオクモ」の意味。

OCUMO(オクモ)とは、アメリカ大陸原産のサトイモ科の芋のこと。

ムーチョクモのメンバーたちが住む村の名前、「Ocumare del tuy(先住民言語で、「オクモの葉」)」からきています。
そこでは、かねてからオクモ栽培がさかんで、村のひとたちは、それで生計をたてています。
オクモについて


関連記事

[ 2013/04/22 00:28 ] 音楽 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。