El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手術入院体験記4 新たなキャラが現れた 

8月14日

220px-Chavela_vargas.jpg
チャベーラ・バルガス(Wikipediaより)

朝になり、自分の身体を確かめると、尿管と尿を受け止める袋と、左腹にホースのようなものが出ていて、そこから血のようなものが流れているのをキャッチするビニール袋がついていた。
なんとか自分でトイレに行くことはできるので、尿管は取ってもらうが、このホースと袋はいつ取れるのだろう…。傷は臍の上から下腹部まで縦に15cm以上あって、なかなかデカい。これで腹に顔を描いたらフランケンになりそうだ。そんな機会はなかなかないだろうが。
傷は思ったより痛くないが、ホースが出ている部分を押さえると痛い。そうだよな、身体に穴が開いたまんまなんだもんな。

しばらくすると、手術時に派手に着飾っていた女医のダイアナ・ロスが現れ、説明をしてくれた。
卵巣一個と盲腸を取ったそうだ。しかし、いっぺんに手術したのか!!うちは盲腸の病気にかかる家系なので、取っておいたのはよかったのだが。
両方の卵巣にできていたのは膿腫ではなく、チョコレート嚢胞だったそうだ。片方の卵巣は拳よりも大きくなっていたので、卵巣ごと嚢胞を取りのぞき、もう片方は小さかったので、卵巣を活かし、嚢胞にたまっていた血液を抜いたそうだ。手術前に腫瘍マーカーの数値が異様に高かったので、ガンの可能性も考えておけと言われていたのだが、そうではなかった。嚢胞にたまっていた血液がなんと7年以上前からのものだったというから驚く。原因はわからないのだが、おおかたがストレスによるものなのだとか。確かに7年前は日本でまだ暮らしていて、激しい環境の変化があり、相当なストレスが溜まっていた時期なので、それが原因なのは想像がつくけれど、ここまで自分の不調に気がつかないものなのか。そう考えたら怖い。少しでも身体に異常を感じたら、早めに検査をしたほうがいいのだなとつくづく思う。
私の場合は嚢胞と内臓の癒着がすごくて、それを全部正しい位置へと直し(ってどうやってるんだ?)
きれいに水で洗ったそうだ。だから、腹にホースがあるのか….どうやら、内臓を洗った水が出なくなるまで、ホースとビニール袋をつけていないといけないらしい。
「本当に大変な手術だったけど、成功したのよ」というダイアナ・ロスの言葉を、なんだか自分のこととは思えないまま、きいていた。まったく記憶がないんだけど、大変だったのか。麻酔のおかげで何も気がつかないまま手術が終わってよかった。
私の顔をみて安心したのか、面会にきた夫は感極まって泣いていた。
「手術があまりにも長引いたので、ものすごく心配したんだ」と言っている。
私は生きている。生かされているのだ。本当によかった….とそのとき初めて実感が湧いた。

この病室には、もうツタンカーメンや落合の妻も居ないから、今はひとり部屋みたいなもんで、快適だ。この感じだと丁稚もしなくていいから、ゆっくり休めるし、早く退院できそうだなあ、なんて思っていたそのとき…..

「いやあいやあ、いやあ、ここか!私の部屋は!!」とバカでかい声が響き、ポンチョを身にまとったチャベーラ・バルガスのような老婆がせわしなく部屋に入ってきた。
たしか病棟に上着を持ち込むのは禁止なはずなのに、どうやって持ち込んだのだ、そのポンチョは!
さらに付き添いの女性も一緒にいた。

そして、もうひとり、この病室で入院するというショートカットの50代後半くらいの女性まで来た。
そしてチャベーラ・バルガスは私に気付き、
「先客がいたね。私はオルフェ。どうぞよろしく!!」
とバカでかい声で挨拶してきた。すごいテンションが高くて圧倒される。
て、いうかこの人本当に病気なのか?

一日も経っていないのにいっぺんに人が増えて、しばし個室を楽しみたかった私は一気に落胆する。
でも、チャベーラ・バルガスには付き添いのルーペという女性がいるから、丁稚はしなくてすみそうだ。幸い私にも付き添いの家族もきてくれているし…と自分を納得させる。

チャベーラ・バルガスは、チャベーラの愛称「チャマナ」と呼ぶことにしよう。そして、ショートカットの女性はバレリアというが、ロックンローラーみたいなので、葛木ユキと命名する。
チャマナも葛城ユキも手術が明日になるらしい。

その夜、チャマナは高齢のためにトイレに行くことや、持病で何か大変らしく、夜中に何度も看護婦を呼んでいるようだった。というよりも、とにかく自己主張が激しいようで、何か文句をビービー言っていて、付き添いのルーペを困らせている。その騒ぎで全く眠れず。いやあ、大変な部屋に当たっちゃったな….. 。





関連記事

[ 2012/09/17 17:20 ] メキシコ手術入院体験記 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。