El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画『ル・コルビュジエの家』が日本公開 

elhombreal2

この記事でも紹介したアルゼンチン映画『ル・コルビュジエの家』が本日2012年9月15日より日本公開!

あの、名建築家ル・コルビュジエが設計した現存する住宅を舞台に繰り広げられるブラックコメディ。

超ハイセンスなインテリアに囲まれ、名建築と言われる家に住む世界的に成功したインダストリアル・デザイナーの隣にとんでもない男が引っ越してきたことから生まれるドラマ。
コルビュジエの建築を楽しめるのはもちろん(ある意味主役)、ヒップスター気取りな輩への批判も込められていて、面白い。おすすめです!

elhombreVictor.jpg
↑こんな人が隣に引っ越してきたらどうする???

『ル・コルビュジエの家』日本公式サイトはこちら
http://www.action-inc.co.jp/corbusier/

予告編はこちら


日本公開は東京からで、

9月15日(土)から新宿K'sシネマ、
10月6日(土)からシネマート六本木で
上映がスタート。


その劇場販売用パンフレットで、監督(ガストン・ドゥプラットとマリアーノ・コーン)インタビュー記事を書かせていただきました。
退院後はじめての仕事が、好きな映画を撮った監督たちへのインタビューだったのが嬉しい!
ふっていただいたアクションの比嘉さんには大感謝です。

アルゼンチン映画界の風雲児と呼ばれる監督たち、実験映像畑出身で常に型にはまらない面白いことをやろうと考えています。映画『ル・コルビュジエの家』を観たら楽しめるインタビューになっているはず。アルゼンチンの歴代大統領をシニカルな視点と批判性で捉えたドキュメンタリー『Yo presidente(私、大統領)』や、地味な看護士の男性が、現代アートの巨匠に祭り上げられる姿を描く劇映画、『El Artista(ザ・アーティスト)』などの前作についても語ってくれました。

パンフレットには、建築家の伊東豊雄さん、ギャルリータイセイの学芸員 林美佐さん、ライターの小柳帝さんらも記事を書かれているそうで、楽しみです!

ぜひ、読んでみてください。








関連記事

[ 2012/09/14 08:05 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。