El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラティーナ2012年7月号にレニャテーロス工房展の記事 

latina201207.jpg

マヤの人々による製紙/製本の工房、タジェール・レニャテーロス(Taller Leñateros)。
グアテマラの隣、メキシコ最南部のチアパス州はサンクリストバル・デ・ラスカサスを拠点に、35年以上活動を続けています。
そんなレニャテーロス工房の歴史をふりかえる展覧会が、チャプルテペック公園内の国立近代美術館(Museo de arte moderno)で 2012年5月16日より開催中。
そのレポートを、現在発売中のラティーナ2012年7月号の海外ニュース、メキシコ欄に書かせていただきました。

R0020899.jpg
R0020900.jpg
国立近代美術館の展示のようす。場所柄、外国人観光客も興味深げに展示を楽しんでいました。
まんなかにある自転車のようなもので、紙に混ぜる木の実や植物を粉砕するそう。人力です!

R0020911.jpg
アーティスト荒木珠奈さんと工房の共作絵本『Nene sol 末っ子の太陽』の日本語カタログも展示されていました。

展覧会について、詳しくはこちらを↓
レニャテーロス工房の展覧会がメキシコシティで開催
関連記事

[ 2012/06/21 09:11 ] チアパス、レニャテーロス工房 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。