El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウィチョールの聖地WIRIKUTA(ウィリクタ)を守れ! 



WIRIKUTA SE DEFIENDE(ウィリクタを守れ)キャンペーンのために結成されたコレクティヴ=Aho Colectivoのオフィシャルビデオ
参加アーティスト:Venado Azúl, Rubén Albarrán (Café Tacvba), Poncho Figueroa (Santa Sabina), Roco Pachukote (ex-Maldita Vecindad, Sonidero Meztizo), Lengualerta, Hector Guerra (Pachamama Crew), Moyenei Valdés (Sonidero Meztizo), Valle González-Camarena (22), Memo Méndez Guiu (22) y Moi Gallo en la parte musical, Marcoatl, el Gallo, Benjamin Ramauge, Gaby Fuchs, Damian Mendoza y Jose Matiella


メキシコ先住民たちの多くは、約500年前のスペイン侵略後から現在まで、住み慣れた土地を略奪され、搾取され続けてきた。昔ながらの暮らしや文化が生き続ける場所が少なくなっていくなか、いまもそのルーツを保つ神聖な場所のひとつが、ウィリクタだ。メキシコ中央部西を拠点とするシャーマン信仰の先住民族、ウィハリカ(ウィチョール)は、ウィリクタに生えるペヨーテ(幻覚サボテン)を儀式の際に摂取する。
自然を敬い、独特な宇宙観を持つ事から、彼らの手工芸品には奇抜な色彩感覚があることで知られている。

そのウィリクタのテリトリーのなかで、サン・ルイス・ポトシ州カトルセ山脈付近の土地が、同州政府によってカナダの鉱山会社へ売却されることになった。同地は、絶滅の危機にある動植物16種が存在し、自然や文化保護区とされるべき場所である。 

ウィハリカの人々や周辺住民の合意も得ないまま、売却に踏み切った政府に対し、2011年10月ごろより、メキシコ各地で強い反対運動が行われるようになった。その中心メンバーのひとりは「チェチェン・イッツアーのような古代遺跡は世界遺産になっているのだから、先住民族文化を現在進行形で継承するウィリクタの重要さをユネスコに認定してもらいたい。そうすれば、政府が犯した過ちの重大さに気がつくはずだ」と主張する。

この反対運動に多くのミュージシャンたちが賛同し、2011年末よりウィリクタ保護のためのコンサートが各地で開催されてきた。(その収益はすべて、運動資金として寄付される)。その中心メンバーとなっているのが、カフェ・タクーバのヴォーカル、ルベン・アルバランと元マルディータ・ベシンダーのヴォーカル、ロコだ。2012年 5月26日にメキシコシティの巨大ホール、フォロー・ソルで開催予定のウィリクタ・フェストでは、彼らの呼びかけで、カジェ13、フリエタ・ベネガス、カフェタクーバ、ルベン・アルバランのプロジェクト、ホッポや、元マルディータ・ベシンダーのヴォーカル、ロコとその妻のモジェネイによるユニット、ソニデロ・メスティーソ、レゲエ・アーティストのレングアレルタ、ロックグループのZoé、そして、ウィハリカの伝統音楽グループ、ベナード・アスールが出演が決まっている。
 ルベン・アルバレスによれば、賛同するミュージシャンのなかには、ロス・ティグレス・デル・ノルテや、マヌ・チャオの名前も挙がっていて、現在出演交渉中とのこと。

このフェスティバルの開催日に、私はちょうどメキシコにいないので、行けないのが悔しいのだが、ぜひ成功してほしい。そして、多くのひとたちが、先住民たちが持っている貴重な文化や、自然の大切さについて考える機会になればと思う。

ウィリクタ保護オフィシャル・ホームページ

ウィリクタ・フェストオフィシャル・ホームページ

(この文章はラティーナ2011年12月号のメキシコ・ニュースで掲載した原稿を元に、ブログ掲載用に書き換えています)

追記2012/4/29
WIRIKUTA FESTの最新情報がfacebookで発表されました

公演は予定通り
5月26日 ForoSolで 13:00から

出演バンドは20以上(ちなみに、そのなかにマヌ・チャオは入っていません)
Cafe Tacvba, Caifanes, Enrique Bunbury,Calle 13, Julieta Venegas, Sonidero Meztizo,Colectivo AHO, Ely Guerra, Dr. Krápula,Amandititita, Ginger Ninjas, Héctor Guerra,Lengua Alerta, Luix Saldaña ,Venado Azulほか

チケットは5月3日よりBanamexで前売り 5月4日からTicket masterで販売開始



関連記事

[ 2012/04/29 15:33 ] 文化 | トラックバック(-) | CM(2)
> kaoruさま

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!
ウィリクタフェスについては、私もまだよくわからないです。
メキシコでは、大きなフェスティバルデも直前まで決まらないことが多々ありますので....
facebookページ『wirikuta Fest』もあるので、
それをチェックしていたら最新の情報が得られると思います。
詳しい日程がわかり次第、このブログにもアップさせていただきます。
[ 2012/04/24 11:36 ] chola [ 編集 ]
情報ありがとうございます。
そうなんですね、有名な人が沢山出演するようなので、きっとすぐにプログラムがアップされるだろうと思っていたのですが、さすがメキシコ…。気長に待つことにします!
[ 2012/04/24 20:42 ] kaoru [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。