El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国境音楽に惹かれて 

前回の記事の「最近気になるメキシコ音楽」で、ふざけたものしか紹介しなくてすみません。というわけで、もう少し突っ込んで、気になる音楽を紹介します。

ティファナのノルテック・コレクティヴなど、かねてからメキシコ国境は、首都より面白い音楽が生まれる土壌があるなあと思っていたのですが、最近、それを実感するような面白い奴らがどんどん登場しています。

そのなかのひとつのグループで、LATINA2011年12月号のミューテック・メキシコのレポートでも紹介したティファナ、サンディエゴを拠点とするエレクトロ・トリオ、LOS MACUANOS(ロス・マクアノス)。

Los-Macuanos.jpg

メンバーは3人ともまだ20代前半の、お肌つるつるで、ほっぺも赤い感じの青年たち。アイロンがちゃんとかかったシャツをきていて、なんか無表情なのがイイ。
へっぽこパーカッションとビンテージシンセ、ベースの妖しい音色とエレクトロが融合。メキシコの大衆ポップやトロピカルをネタに硬質ビートで味付けした感じ。
2011年末に、彼らがモンテレーでライブをやったときの映像が良いので紹介します。これで、少しでも彼らの面白い雰囲気が伝わると思う。



このビデオで彼らへのインタビュー映像が出るのですが、簡単に訳すと、ここ数年の国境地帯での麻薬組織抗争による暴力や不穏な空気に堪えきれず、音楽で表現していこうと思ったそう。

現在すべての彼らの音源がダウンロードできるようなので、
ぜひ、チェックしてみてください。
フリエタ・ベネガスのリミックスなんかもやっているのだが、
2010年のアルバム『El FIN』がおすすめ。

ここから 


そして、国境の音楽シーンの盛り上がりに貢献しているのが、ティファナを拠点とするスタティック・ディスコス
2012年で10周年を迎え、40リリース目のコンピレーション『Residual Stock』はフリーダウンロードできます。
なかでも私のお気に入りはメヒカリ在住のFAXの曲。

Static_Residual040_Or1-300x300.jpg

ここから

しかし、最近の音楽、本当にダウンロードばっかりになってきたな。
スタティック・ディスコスのオーナーEJIVALは、もう、CDを生産しない方針にシフトすると語っていたんだけど、なんだか寂しかった。
データ化に違和感を覚え、いまだにCD持っていないと落ち着かない私は、太古の人間なのだろうか。
それか、単なるモノフェチ?
データは場所も取らないし、重さもない(パソコン内を占領するけど)。手軽で便利だ。
でも、このままだと音楽がどんどんテキトーに扱われていく気がする。
データだけだったら、アルバムジャケットとかの必要性があまり感じられないし、
顔が見えない音楽ばかりになるのだろうか。
CDが売れないということは、アーティストは、ライブをガンガンやるしか道がないな。
それか、アナログをあえて売るか。
いったいどうなっていくのだろう....。
関連記事

[ 2012/01/24 12:38 ] 音楽 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。