El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LA LENGUAのライブ en リンコン・サパティスタ 

映画『グッド・ハーブ』の音楽を担当した、グループ、ラ・レングアのライブがあったので行ってきた。
彼らには何度か会っているけど、ライブを見るのは初めて。
場所はEZLN(サパティスタ民族解放軍)支援で知られるメキシコシティのカフェ、ショップ、そして文化スペースでもある、リンコン・サパティスタ内のカフェ・コマンダンタ・ラモナ。

lalengua1rincon.jpg
lalengua2rincon.jpg

今回はサンティアゴ(ヴォーカル、ピアノ、ハラーナ)、ジュディ(ヴォーカル、パーカッション)のふたりでの演奏。会場の設備の調子が悪かったみたいで、パソコンが使えなかったり、演奏中にブレーカーが落ちたりして、ふたりはちょっと不服そうだったけど、彼らの良さはじゅうぶん伝わってきた。
言葉遊び豊富な歌詞や、MCに政治的なメッセージを盛り込んでいたりと、面白い。ふしぎなパーカッションを次から次へと持ちかえ、カホンを叩きながら、シンバルまで叩くジュディの多芸さに驚いた。
映画『グッド・ハーブ』監督のマリア・ノバロ(サンティアゴの母)は来ていなかった。以前渡した日本の劇場販売用のパンフレット、直接彼女に渡せなかったので、ジュディとサンティアゴに託したんだけど、どうやらすごく気に入ってくれたそうで、ジュディが教えてくれた。監督はさっそく、ウルスラ・プルネダやオフェリア・メディーナら主演女優たちに配っていたそう。ちょっと安心&嬉しい報告だった。

映画『グッド・ハーブ』日本公式ホームページ
ラ・レングアの音楽もダウンロードできます。

今後の上映については、こちらの記事をご参考に!

関連記事

[ 2011/11/16 07:04 ] 音楽 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。