El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボカフロハ主宰Quilombo5周年記念イベントレポート 

前回の記事で紹介したボカフロハが主宰するコレクティヴ、QUILOMBO(キロンボ)の
5周年記念イベントに行って来た。
場所は、メキシコシティの南西にあるCENTRO CULTURAL PIRAMIDE=ピラミッド文化センター。
古墳文化センターと言った方がいいのか。
ql101.jpg



建物がピラミッドの形をしているとは噂で知ってたけど、まさか本物のピラミッドがそばに
あるとは思わなかった!!!
ql102.jpg
↑これピラミッド。
こんな感じでメキシコには、町中にいくつもピラミッドがあります。
Ql103.jpg
↑よくみるとオロドゥンのTシャツを着てる若者がいて渋い
スポークンワーズ講座などもあったが、起きたのがおそくて間に合わず。
コンサート部分だけ参戦。
観客はいつもより少ない感じがしたけど400人は入っていたようだ。
ql104.jpg
カリフォルニアからやってきたMC CAMBIO(CHANGE)。

CDchange.jpeg
MC CAMBIO(CHANGE)のアルバム

ql106.jpg
赤ちゃん顔にして、硬派なHSTはドミニカ共和国出身。

hachest.jpg
HSTのアルバム


ql107.jpg
ql108.jpg
ql109.jpg
ボカフロハはやっぱりキッズたちのヒーローだね。

bocafloja1.jpg
ボカフロハの最新アルバム『Existo, Matriz preludio al pienso』
HSTやCAMBIOが参加しているトラックもあります。
日本で流通しているので、ぜひ聴いてみてください。

ql1011.jpg
ほんでもって、今回のトリはニューヨークから登場!
アンダーグラウンドシーンの雄、J-Live

ql1012.jpg
ql1010.jpg

ql1013.jpg
一緒に来たDJ(名前失念)がすげーよくて、
ジャジーかつアブストラクトなビートにのせて、J-Liveがラップを披露。
かっこよすぎる!
ql2014.jpg
しかもJ-Liveがスクラッチやりながらラップする場面も!
メキシコでは、キホン英語のMCは好まれないのですが、
言葉の壁はあっても、キッズたちを盛り上げるあたり格が違うと思わせた。
ql2015.jpg

なぜか記念撮影大会が始まった↓
ql2016.jpg
ポーズがダチョウ倶楽部っぽいな。
ql2017.jpg

ql2018.jpg
ql2019.jpg
すげー気さくで、よく見ると熊みたいでかわいい....。
このあとJ-liveは大勢のキッズたちに囲まれ、
記念撮影やら、サインやら握手を求められておりました。

ボカフロハとMC CAMBIO(CHANGE)、HSTは一ヶ月間
メキシコ各地をまわるツアーを行う。(詳しくはMySpaceを)
そのため、先週の土曜日から、MC CAMBIOと
その彼女がうちに1ヶ月も滞在することになった。
CAMBIO、ラッパーとしては悪くないと思うが、
ラテンの血が入っているのに、
すげーデリケートかつ消極的な奴なんだよね......。
ステージの前、メシを喰うと緊張のあまりに吐くらしい。
もしメシを喰う場合は本番の4時間以上前じゃないとダメだって。
あと歯磨きするときに、ペットボトルの水使ってる。
(ちなみに私は水道の水を使っている)
......そんなに弱くて果たしてメキシコに1ヶ月も居られるのか?
CAMBIOの英語名はCHANGEというんだけど、
無邪気なうちの夫に「チャンへ」とスペイン語読みで呼ばれていた。
チャンへって、一気にかっこわる!!可哀想!
......でも不謹慎ながら笑える。
いかん、いかん、
このままではチャンヘが、ただのへたれに思われてしまうので、名誉のために
チャンヘことCAMBIOとDEADPREZのSTIC MAN、BOCAFLOJAも参加した
シングル『HARD TIMES』のリンクをはっておきます。
......やるときゃやるんです。がんばれMCチャンへ!


関連記事
[ 2010/06/09 07:26 ] 音楽 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。