El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メキシコシティの秋はフェス三昧! 

秋になって、音楽、映画のフェスがたくさん行われるメキシコシティ。
細かくチェックしてるといいイベントに行けるかも。

まず、10月21日からは、メキシコのエレクトロニックミュージックの祭典、『MUTEK MEXICO』。

ここ3年ほどはレオン州グアナファトのセルバンティーノフェスティバルの一環として行われてきたのですが、今年はメキシコシティに戻ってきました。
メキシコ最高峰のアーティストMURCOFの新プロジェクトでのコンサートもあるし、国内のアーティストがちゃんと出演する感じがいい。
海外アーティストでは、マシンドラム、キッドコアラが個人的に観たい。

あとは、11月4日、5日に行われる世界遺産のテオティワカン遺跡のそばで行われるロックフェス『Musica para los dioses』にも注目してます。
目玉はトドス・トゥス・ムエルトス。メキシコ勢は、ティファナ・ノー、ノルテック、セルソ・ピーニャなどなどが出演で、45組のアーティストがピラミッドに集結です。

先週末から始まった、メキシコシティドキュメンタリー映画祭では、フェルミン・ムグルサが現在行っているアラブ圏のドキュメンタリープロジェクトを紹介するプログラムがあったり、同じく先週から始まったマルチメディアフェス、TRANSITIOの閉会式には、日本でも人気の有名アーティストがお忍びで出演予定です。
映画やビジュアルアートのフェスだけど音楽絡みのイベントも多く、面白くなってます。
ぜひ、この機会に楽しんでください。




関連記事

[ 2011/10/03 07:08 ] お知らせ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。