El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボカフロハQuilombo5周年記念イベント! 

Quilombo5.jpg
スタジオボイスのラテンアメリカ特集で、メキシコのヒップホップシーンを牽引する社会派MCとして紹介したボカフロハのコレクティヴ、Quilomboが5周年を迎えました。
いまはアメリカ合衆国とメキシコを行き来しながら活躍中のボカフロハ。
今回イベントのゲストには、J-Live!=90年代からキャリアを積む、ニューヨーク・アンダーグラウンド・ヒップホップシーンを代表するMC。
ドミニカ共和国のHST、サンフランシスコからはCAMBIO(CHANGE)も(二人はボカフロハのアルバムにも参加しています)。
ボカフロハのアルバムは日本でも全タイトル発売中なのでぜひ聴いてみてください。
↓このビデオ秀逸!すべての闘う人に捧げたい一曲『Quilombo,Mocambo』

メキシコのナショナリズムを思い切り皮肉っております。
「独立記念日だとか、サッカーのワールドカップのときには 顔に国旗のペイントをして盛り上がり、 『シェリートリンド』(メキシコの空は美しい~というメキシコを代表する歌)を歌うけど、その裏には貧困や差別、暴力などの問題が 山積みのメキシコという国」に対しての抵抗歌という感じ。
関連記事

[ 2010/06/02 07:42 ] 音楽 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。