El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画『マルタのことづけ』とオーサカ=モノレールの意外な関係 

注目のメキシコ映画『マルタのことづけ』(原題『Los Insólitos Peces gato』。クラウディア・サント=リュス監督)が間もなく日本公開されます(10月18日シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー)。


『マルタのことづけ』予告編

4人の子どもたちを育てるマルタと、孤独な若い女性クラウディアが、入院先の病室で出会い、交流を深めて行く姿と、その別れを描いた作品で、映画は監督の体験をもとにしています。

20375-13.jpg
martha_fam.jpg
20375-14.jpg
『マルタのことづけ』10月18日シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

タワーレコードのイントキシケイト10月10日発行号で、監督インタビューと写真を担当させていただきました。映画欄に掲載されています。※追記10月30日※ タワーレコードのWebマガジン、Mikikiにこの記事のWeb版が掲載されました〜!

H1_vol112.jpg
↑イントキシケイト最新号。日本全国のタワーレコードで配布中です!

また、70年代のフォルクスワーゲンのビートルが登場するのですが、それに関連して、旅のwebマガジンTABIZINEに『佇まいが絵になる車。メキシコの「ビートルがある風景」』 という記事を書きました。監督のビートルに関してのコメントも登場しますので、併せてご覧ください。

clau1mini.jpgclau2mini.jpg
↑クラウディア・サント=リュス監督と猫(メキシコシティの自宅にて撮影)

監督のクラウディアはとてもシャイで、インタビューを自宅でやりたいとのリクエストだったのですが、控えめながらも人とのコミュニケーションが好きで、芯の強い女性という印象を受けました。この『マルタのことづけ』を観て最初に思い出したのが、私が2年前に入院した病院でのエピソード。サービス万全な日本では考えられないのですが、同じ病室の患者同士が助け合わないと機能しない状況でした。そこから、昨日まではまったく知らなかった他人の人生について知ることになる。他人へ介入する習慣がない日本社会で育った私にとって、最初はやっかいだな〜と思う気持ちのほうが強かったのですが、その入院生活はかけがえのない経験となりました。

ところで、そのクラウディアの自宅で、彼女のパートナーのクリスティアン(『マルタのことづけ』のプロデューサーの一人であり、彼の並外れた行動力により、フランス映画界の名カメラマン、アニエス・ゴダールが、撮影監督として本作に参加することになりました。詳しくはイントキシケイトのインタビューにて!)を紹介してもらったのですが、なんと、日本のファンクバンドのオーサカ=モノレールの大ファンで、彼がディレクターを務めるコンサートホールでのライヴを企画しているというではないですか!そんなわけで、今オーサカ=モノレールのメキシコシティ公演の宣伝を手伝わせていただいております(これもメキシコらしい縁だよなあ……)。

オーサカ=モノレール メキシコ公演 
日時:11月2日(日曜)19:00〜
会場:Plaza Codesa(プラサ・コンデサ)
住所:Av. Juan Escutia 4, Col.Condesa, México, D.F.
地図:Google Map


もしもメキシコシティに滞在中の方!ぜひぜひ来て下さい。会場窓口では当日券も発行されますので、旅行者でも気軽に来られると思います。美味しいタコス屋も近隣にありますよ〜
しかも、メキシコのお盆である「死者の日」に開催(ちなみに具体的な楽しみ方や、祭壇に飾られるものの意味などの情報はオールアバウトの記事「無形文化遺産! 極彩色のメキシコのお盆「死者の日」
」をご参考に)

そのコンサートに先立ち、メキシコシティのショップ、Loose Blues(ルーズ・ブルース)にて、ファンクを楽しむイヴェントが10月18日に開催されます。メキシコのガレージクンビアグループ、ソニード・ガジョ・ネグロのワウワウギタリストのDaríoとそのパートナーのアンダルシア出身Belenxi によるDJデュオ、Bam Bam Y Ritomonzónがファンクのアナログコレクションを使ったDJを行いますよ〜(15:00~18:00まで)。
そしてビンテージ・ファンクを聴きながら、セイラー・ジェリーのラムを使ったカクテルを楽しめます(なんと無料)。お店の商品1000ペソぶん購入すると、オーサカ=モノレールのコンサート・チケットがもらえる太っ腹な企画もあります。

lb OSAKA

このお店、ビンテージ、タトゥー、バイク、ロウブロウアートをテーマにした素敵な店で、レコードも販売しています。店内に小さなテラスをオープンし、美味しいペーパードリップコーヒーをお客さんに提供していますよ〜(テラスとお店の雰囲気はこんな感じ
実は10月より同店のテラスで、En Asian Foodとして毎週末におにぎりを販売させていただいているのですが、このイヴェントの日は大阪風いなり寿司を作る予定です。こちらも、タイミングが合ったらぜひお越しください。


Super Heavy Funk Japones(オーサカ=モノレールのコンサートを盛り上げようイヴェント)
日時:10月18日(土曜)12:00〜21:00
会場:Loose Blues
住所:Dinamarca 44(Casi Esq con Londres), Col.Juarez.
México,D.F.(ディナマルカ通り44番地で、ロンドレスという通りのほぼ角にある小さな広場=Plaza Washingtonの目の前のお店です)
詳細:Facebookイベントページ







スポンサーサイト
[ 2014/10/14 06:32 ] 映画 | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。