El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国境とリゾートのはざまで 

またもや更新が遅れており、すみません..(もはや誰に謝ってるのか)
どっこい生きておりますよ〜!

2つの旅へ出ていて、しばらくメキシコシティにおりませんでした。
それも両方ともかなり突発的に決まった旅でした。

まず、久しぶりに友人たちと会うために、3年ぶりに国境の町、ティファナへ行ってきました。
ティファナは私がメキシコへ行こうという気持ちになった原点のような場所で、短い期間でしたが、本当に楽しく過ごせました。ティファナはものすごい変わってきていて、素敵なお店やレストラン、面白いプロジェクトがたくさん生まれています。そういった町の変化も興味深いのですが、何よりも、久しぶりに会う友人たちと、たわいない話をして、涙が出るほど笑ったりできて、こういう瞬間を待っていたのだよなと思いました。

もういっぽうの旅では、カンクンで開催された旅の博覧会、Tianguis Turisticoに参加してきました。
多くのひとが憧れる高級リゾートのカンクンに居ながら、メキシコシティをこれほど懐かしく感じたことはありません。メキシコシティへ戻ったときに、排気ガスを吸って、嬉しくて胸いっぱいになりました。....って、私が変わっているのでしょうけど。

旅は楽しいし、人生において重要ではありますが、私は基本的にはどこかに落ち着いていないと何もできないタイプだな〜と思い知りました。と書きながらなんですが、最近、旅と自由のwebマガジン、TABIZINEのほうで旅へ誘うための記事を毎週書かせていただいています。先日訪れたカンクンの記事も掲載されていますので、ぜひ読んでみて下さい。

TABIZINE「メキシコ旅博2014」現地レポート


frontera.jpg

写真はティファナとサンディエゴの海の境界線。カンクンの美しい海も素敵ですが、私にはこっちの海のほうが心に深く焼き付いています。






スポンサーサイト
[ 2014/05/20 17:52 ] 日常と社会 | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。