El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アナ・ティジュ『ベンゴ』日本発売!ele-kingにインタビュー 

BG5158.jpg

チリのMCアナ・ティジュの最新アルバム『ベンゴ』が全国のCDショップで大好評発売中です。前作『ラ・バラ』にひきつづき、ライナーと歌詞対訳をさせていただきました。アンデスのフォルクローレやクラシック、ジャズといったバンドサウンドに載せたヒップホップです。リリックも前作よりかなり鋭くなっています。ぜひ聴いてください!
また、アナ・ティジュのインタビューを含めたラテンヒップホップの記事がele-kingに掲載されました。
ラテンヒップホップの逆襲──チリの女性MC、アナ・ティジュ、インタヴュー
こちらもあわせて、ぜひ読んでください!

本アルバムに収録されている曲で、個人的に好きなのが『Rumbo al sol』という曲。
ラテンアメリカ各地のタクシー運転手のドキュメンタリーシリーズ『Adicto al claxon』のテーマなのですが、このトレイラーがすごくいいので観てほしい。



あと「リオ・アバホ」という曲のインスピレーションの源となったという、ボリビアのデニス・チャポン監督の短編アニメーション「Abuela Grillo (こおろぎ婆さん)」も必見。南米の水利権問題について扱っています。



そして最後に、本アルバムに収録されていませんが、TPP反対の歌、『NO AL TPP』


世界各地のTPPに反対する人びとの写真が登場するのですが、そのなかには日本の人びとの姿もあります。






スポンサーサイト
[ 2014/03/24 21:08 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)

アリシア18年の軌跡、ポスター展が開催中 

このブログ約1ヶ月以上空いて更新となってしまいました〜。
そのかわりと言ってはなんですが、アガベシロップRYUCAのTOMAYさんのブログ『カラフルメキシコ ムーチョ・グスト!」や、 旅マガジンTABIZINEオールアバウトの担当記事は、がんばって更新しておりますので、ぜひご覧ください。

...もはや、見放されていそうな拙ブログですが、地味に告知をば。
タワーレコードweb bounceの連載「ハポチランガ・クロニクル」が更新されています >>>(第3回)ソニード・ガジョ・ネグロとメキシコシティの〈マルチ文化フォーラム〉

日本でも着実にファンを増やしつつあるソニード・ガジョ・ネグロと、今年で18周年を迎えたメキシコシティの社会派マルチ文化フォーラム、アリシアについての紹介です。

つい先日、bounceの記事でも紹介した、メキシコシティのギャラリー、Vertigo(ベルティゴ)でアリシアのポスター回顧展へ行って参りました。

アリシアのめちゃくちゃカッコいいポスターについてはbounceの記事を!>>>メキシコのアンダーグラウンド文化の総本山、アリシアとは?

IMG_2552.jpg

IMG_2550.jpg

Vertigoの展示風景。歴代のポスターがズラリと貼られています。

IMG_2553.jpg
IMG_2555.jpg

Vertigoのオーナーでもあり、ソニード・ガジョ・ネグロのテルミン奏者、イラストレーターのホルヘ・アルデレテと、なんと〜フジロックやZULOAKで昨年2度も来日したフェルミン・ムグルサが居たので思わずパチリ。

IMG_2556.jpg

昨日3月6日は、アリシアでフェルミンの世界ツアーNO MORE TOURのドキュメンタリーが上映されていました。

展覧会は、だいぶ長く開催されるので、もしもメキシコシティにいらっしゃる方、ぜひぜひ行ってくださいね!!!

詳細はこちら>>>Vertigo「Alicia Wonderland」 会場地図 

さて、今月は映画祭や文化フェスティバルなどの催しがたくさんあり、月末にはメキシコ最大のロックフェス、ビベ・ラティーノが開催されます。
そのビベ・ラティーノに、ソニード・ガジョ・ネグロのティンバレス奏者、トゥルコがドラムで参加するガレージバンド、ロス・カベルナリオスも出演が決定しているのですが、メンバーのギタリスト、ダニー・ロボこと、ダニエル・パラシオ・クルスが不当に捕われ、刑務所にいます。
dani.jpg
画像Facebookより

1968年10月2日にメキシコシティのトラテロルコ広場で、メキシコオリンピック開催に反対する学生を中心とした400人以上が政府に虐殺された事件を忘れないために、毎年メモリアル・デモが開催されるのですが、2013 年10月2日、平和的なデモ活動を行っていたダニー・ロボや学生たち6人が警察に捕らえられました。5ヶ月たった今も彼らは刑務所にいます。ダニー・ロボがビベ・ラティーノのステージに立てるかは、まだわかりません。司法側は逮捕や拘留に関して、ろくな検証もしておらず、明らかに政府に対する抗議活動をした者への見せしめのために彼らを捕らえたのです。そんな恐ろしいことが、この国ではしょっちゅう起こっています。ダニー・ロボやすべての不当に捕われた人びとが解放されるように、権力を行使して人権を踏みにじる奴らと闘っていかなければ!

libertad dani
(C)Multiforo Alicia






[ 2014/03/07 16:35 ] 文化 | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。