El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラティーナ2013年8月号にトリオ・ロス・ビヒランテスの記事 

TLV1.jpg
トリオ・ロス・ビヒランテス(Facebookの写真より)

テキサスはオースティンを拠点にするラテン・ボーカル・トリオ、トリオ・ロス・ビヒランテスにインタビューした記事「米国が生む“美しき”ラテン音楽の継承者たち 」が、現在発売中のラティーナ2013年8月号に掲載されています!

latina_1308.jpg


トリオ・ロス・ビヒランテスのメンバーは米国人2人(うちひとりはチカーノ)、メキシコ人。
彼らの日本で発売されたアルバム『美しきメキシカン・ボレロの世界』は、本当に最高!その声とギターの響きにうっとりしてしまいます。
ラテン黄金時代から現代へ受け継がれ、メキシコ、ブラジル、キューバ、そしてオースティンへと続く叙情詩。
メキシコにもボレロやソンを歌うトリオはあるけれど、彼らのような現代的で独自の解釈によって美しいラテンを築く小粋なトリオは、なかなか見つかりません!!
よく、「これぞメキシコって音楽が聴きたいんですよ〜」と言われるんですけど、なかなかオススメするのが難しいんです。
というのも、メキシコのメインストリームの音楽って、自国の文化から遠ざかりがちで、先進国の真似ばかりしようとする。
もちろん、メキシコにもいい音楽はたくさんあります。でも、メインストリームにはほとんどなくて、インディーズのアーティストのほうが、いい音楽を生んでいる。
じつはメキシコの魂を感じるカッコいい音楽って、隣国の米国のチカーノたちのほうがうまく生み出しているような気がする。
たとえば、ロサンゼルスは米国のなかでも最もメキシコ系移民が多い都市ですが、「メキシコよりもメキシコを感じる」と、メキシコ人でさえも言っています。それだけ自分たちのルーツであるメキシコに対する愛着やリスペクトがあるのでしょう。ベラクルスの伝統音楽ソン・ハローチョに注目して世界的に盛り上げたのも、ロサンゼルスのチカーノたちでした。
メキシコのトリオ音楽で最も有名なトリオ・ロス・パンチョスもニューヨークに移住したメキシコ人2人と、プエルトリコ人によって生まれました。そんなことからも、トリオ・ロス・ビヒランテスのようなメキシコらしいグループがオースティンで生まれたのも不思議ではないのです。

「ラテン黄金時代の伝統を守り、世界へロマンを届けるのが使命」というトリオ・ロス・ビヒランテスの音楽。ぜひ、聴いてみてください。あなたが求めている「メキシコらしい音楽」がここにあるかもしれません。
あっ!!ラティーナのインタビューも音楽と合わせて読んでくださいね〜!


とにかくこのビデオ観て!!美しいから!

BG5143.jpg
トリオ・ロス・ビヒランテス『美しきメキシカン・ボレロの世界』

試聴はこちらから




スポンサーサイト
[ 2013/07/29 16:57 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(2)

久しぶりにオアハカへいってきました 

最近ブログを更新していなくてすみません...
お知らせもいろいろあるんですが、まずは数日前に超久々のバケーションで、オアハカ旅行へいってきたので、その写真を公開します。



現地の友人のおかげで、とってもいい旅行になり、オアハカが前よりもずっと好きになりました。
オアハカのネタは、アガベシロップRYUCAの販売元、TOMAYさんのブログ、『カラフルメキシコ ムーチョ・グスト』で少しずつ、公開していきたいと思います。
[ 2013/07/27 21:51 ] メキシコ裏観光 | トラックバック(-) | CM(0)

ラティーナにフェルミン・ムグルサ世界ツアーの記事 

LATINA2013_7.jpg

現在発売中のラティーナ2013年7月号、海外ニュースメキシコで、フェルミン・ムグルサの活動30年を記念する世界ツアー『FERMIN MUGURUZA KONTRAKANTXA TOUR』メキシコ公演のレポートを書かせていただきました。


P5256705.jpg

なんとメキシコ公演のオープニングアクトは、ワタシがいちおしのメキシコのジャムバンド、ロス・アグアス・アグアス!!(彼らについては、CDジャーナルWEBのインタビュー:レベルミュージックFrom メヒコ!をご覧ください!)

会場はメキシコシティのPLAZA CONDESA。
P5256773.jpg
P5256783.jpg
P5256800.jpg
P5256813.jpg
P5256825.jpg
P5256842.jpg
P5256827.jpg
P5256860.jpg
P5256866.jpg

3000人くらいのハコは満員でした!バスクの旗を掲げるファンも多かった。

詳しくは、ラティーナをご覧ください〜。

P5246670.jpg
P5246637.jpg

ライブ前日の記者会見はメキシコシティの文化スペースMultiforo Alicia(ムルティフォロー・アリシア)で行われました。
アリシアは、フェルミンやマヌ・チャオ、アンパロ・サンチェスなどの社会派アーティストたちと、深い関わりのある場所。
記者会見で、EZLN(サパティスタ民族解放軍)が今年8月に行う学校=Escuelita(エスクエリータ)の話題がでて、フェルミンが講師として参加してほしいという依頼があったそうですが、「ツアー中で参加できないんだよ」といってました。

ちなみに、アリシアでは10年くらい前にJueves Rebeldia(反逆の木曜日)というイベントがあり、活動系の座談会などを行っていました。
それが、毎週水曜、木曜日の夜7時くらいに再び行われるようになったので、久々に活発な動きをみせはじめたEZLNの活動を知りたい人は参加したほうがいいです。詳しくはまたこのブログでも書きます。
1年前にこのブログで「メキシコの文化スペースアリシア最後の日?」という記事を書いたのだが、結局ナチョはメキシコへ戻ってきて、いまもバリバリ継続中!!よかったわい!!


ところで、このフェルミン・ムグルサのツアー、日本でも公演が開催されます!
7月24日には東京渋谷のCLUB ASIAでの単独公演が行われ、さらに今年のFUJI ROCK(7月26日〜28日)にも出演!!
詳細はフェルミン・ムグルサ日本ツアー公式ページをチェック!


そして、さらに〜

以前ラティーナでインタビューさせてもらった(その関連記事はこちら:ラティーナ2013年1月号にフェルミン・ムグルサの記事)、バスクのパンクロックグループ、ZULOAKもフェルミンのAsthmatic Lion Sound Anti System と一緒に9月に日本公演です!

ZULOAKとAsthmatic Lion Sound Anti System 日本ツアーの公式ページ

P5246633.jpg
記事が掲載されたラティーナとフェルミンが一緒のところを写真に撮らせてもらいました!うれし〜



2012年11月にメキシコシティで行われたアリシアでのZULOAKのライブの映像
めちゃくちゃ盛り上がりました!!
これは日本も確実に盛り上がることでしょう!!
ぜひぜひ観にいってちょうだい〜!







[ 2013/07/02 06:57 ] お知らせ | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。