El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いろんな意味で香ばしいメキシコシティのバーとカフェ 

オールアバウトにメキシコシティのバーとカフェ、セントロ(ダウンタウン地区)のバーと
カフェの紹介記事が掲載されています。

P1196000.jpg

オールアバウトの記事ではメキシコシティっこならば誰でも知っている、この写真の定番カンティーナも紹介してるよ!詳しくは本文記事で。


メキシコシティのカフェ

メキシコシティのバー

メキシコシティ、セントロ地区のバー

メキシコシティ、セントロ地区のカフェ

その記事のなかで紹介したかったけど、惜しくも書けなかったバーとカフェをここで紹介。

P1216055.jpg


まず、地球の○き方にもおすすめのカフェとして掲載されているカフェ・デ・ラ・グラン・シウダー。
ベジャスアルテスを眼下に見下ろす、素敵な風景を望むことができるカフェテラス(デパートSEARSの8階)。

だが!ここではコーヒーしか注文してはいけない。

P1216049.jpg


ケーキを注文し、優雅にテラスでたたずんでいると、
最初は「ポロップルー」とかいいながら近づいてくる一羽の鳩が可愛いな、なんて思うわけだ。
しかし、その後続々とその鳩仲間が軍団で到着して、ケーキを狙い撃ち。これは、まるでヒッチコックの鳥だよ。

実は私も先日ブラウニーを狙われ、
鳩たちに「ノ!ノ!ノーー!!(だめ!だめ!だめー!!)」とスペイン語で叫んだよ(それはメキシコの鳩だから)。
でも鳩仲間たちは容赦なくブラウニーを八つ裂きにしたので、思わずブラウニーの皿を投げたよ、まるで円錐投げのようにね。
その一部始終を見ていた店員たちは、驚くこともなく、一言「鳩により追加〜」と叫びながら、手慣れた調子で新しいブラウニーを私に運んでくれた。嬉しい気配りありがとう・・・・
じゃねえよ!鳩対策しておけ!と心で叫んだのは言うまでもない。

でもね、ここから鳩がいなくなれば….なんて考えるのは人間のエゴだから。
いたしかたないんです。そう思える方だけが行けば良いカフェ。

私はもう行かない。


もうひとつは、メキシコシティで現存するもっとも古いカンティーナ(居酒屋)のひとつ、ティオ・ぺぺ。
歴史があり、インテリアがかっこいいので、映画や雑誌の撮影にも使われるほどだそう。

IMG_0431.jpg

メキシコシティのめちゃくちゃ小さな中華街の片隅にある。
磨りガラスごしでほとんど中が見えないので、気になってはいたけど、すごく入りづらいので、友人たちに同行してもらったんだけど… 西部劇にでてくるようなスイングドアを開け、店内にはいると、ウェイターも客も濃いおっさんばかり。そして、頭のてっぺんからつまさきまで、なめ回すようにじろーっと、こちらをみてきて、やっぱり独りでは絶対に来れない雰囲気だった。

IMG_0435.jpg

IMG_0429.jpg

ここは、ビールがめちゃくちゃ安くて、25メキシコペソだ。
食べ物はあるのかときいたら、「もちろん、よろこんで!そこのトルタ(サンドイッチ)屋に買いにいくから言って!」と言われた…. 。
こういう店は面白いが、好みが激しく別れるだろう
前述の鳩カフェに比べれば危険というわけではない。
ちょっとまた訪れてみたい。

紹介した2店だが、チャレンジャーはメキシコのいろんな顔を知るために、ぜひ行ってみてほしい。
スポンサーサイト
[ 2013/02/20 12:49 ] お店 | トラックバック(-) | CM(0)

朝日新聞ドゥ・グッド・ガゼットにUNAMが登場! 

dogoodgazette.jpg

本日2月14日発行の朝日新聞朝刊のソトコト編集部が手がけるページ、Do Good Gazette にメキシコ国立自治大学(UNAM)の学生10人にインタビューした記事が掲載されています。取材を担当させていただきました。
新聞には「今はまっていることは何ですか?」という質問の答えだけが出ていますが、
Facebookページ には、「幸せとは?」「将来の夢は?」といった別の質問に対する10人の答えが出ています。
ぜひのぞいてみてください!

unamDGG.jpeg
世界文化遺産に登録されるメキシコ国立自治大学中央キャンパス。


以下は学生たちの回答のFacebookページ↓

レーニンさん

エドゥアルドさん

ミッツイーさん

ヘラルドさん

リシーさん

イタさん

マリオさん

アグスティンさん

ノルマさん

エスティファニさん

インタビューに協力してくれた、友人のレーニン君は、UNAMでラテンアメリカの歴史を専攻しながらも、器械体操にハマり、バルカン音楽のファンという多彩な趣味をもっております。しかも週末はメキシコシティのマルチフォーラム・アリシアで働いているのです〜(昨年書いたこの記事ではアリシアがなくなるかも!と危惧していたのですが、オーナーもメキシコへ戻ってきて、バリバリ再開しています!)。
他の学生たちも取材に快く、対応してくれて感謝です。






[ 2013/02/13 17:07 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(2)

悪魔の家に行ってきた その2 

悪魔の家に行ってきた その1」のつづき。

IMG_0135.jpg

壁画は石を使って描かれ、左右対称的。なんとも不思議だけど味がある。壁画に刻まれた文字によれば、1770年に描かれたようである。
見終わってさあ、帰ろうかというときになって、タクシーの運ちゃんが転んで素敵なスラックスを破くアクシデントがあった。膝を擦りむいたくらいで済んだので、悪魔のせいだね、あっはっはーとか皆で笑ってたんだけど…..あとでジャイアンに教えてもらったこのブログ記事 によると、この場所がめちゃくちゃヤバいところだったということが発覚。

[ 2013/02/08 18:32 ] メキシコ裏観光 | トラックバック(-) | CM(0)

悪魔の家に行ってきた  その1 

PC285857.jpg
悪魔の家の窓

最近バタバタしていてブログを更新できなくて、いつもチェックしていただいている方、すみません。家族の誕生会が3つもあったり、ビザ更新したり、昨日なんて移民局で4時間も待たされた!!あと、緊急の仕事もいくつかあったりして、必死でこなしているうちに、2月もあっというまに8日になっちゃったよ〜。これぐらい、いつも仕事があればいいんだがっ!!
ところで、去る1月31日に起こったPEMEX(メキシコ石油公社)本社の爆発事件で、メキシコ連邦検察は地下にガスがたまったのが爆発の原因と公式に発表したけど、メキシコの多くの人々は、そんなの信じてないんじゃないかと思う。今回の爆発でPEMEXの体制のずさんさをアピールして、「いますぐ民営化が必要だ!」というキャンペーンに利用するためと、「脅し」であろうと考える人たちが多いです。爆弾が仕掛けられた説が濃厚で、証人もいますが、そういったことが公式に発表されることは決してないでしょう。
このへんのことは日本の雑誌に書くつもりなので、掲載されたらまたここでもお知らせます。


さて、久々のブログはプエブラ日帰り旅行記。

[ 2013/02/08 17:51 ] メキシコ裏観光 | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。