El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

怒る学生たち『私は132』 

latina2012_6.jpg

2012年7月1日のメキシコ大統領選まであと約1ヶ月。
巷ではPRI(制度的革命党)のエンリケ・ペニャ・ニエト(略してEPN)候補の圧勝が囁かれています。月刊ラティーナの2012年6月号(なんと同号で、創刊60周年。700号目。すごい!)の海外ニュース、メキシコでは、そんな大統領選前に湧くメキシコの人々の声をレポートさせていただきました。

さて、いったいどうなるのか...

今日の新聞一面
la jornada2012524
莫大な資金を使い建立され、汚職記念塔と名高いEstela de Luzの前に集まる1万人以上の学生たち

PRIがメディアと癒着し、選挙活動を行っているとして、大手テレビ局Televisa、新聞Milenioが事実と異なった報道をしていると抗議し、両社の前での1万人以上の学生たちが主宰するデモ『私は132』が頻繁に行われる事態になっている。
デモの名前は5月11日、EPNのイベロアメリカ大学来訪に抗議する姿勢をビデオによってみせた131人の学生たちからとったもの。(注 追記あり5月25日)
イベロアメリカ大学のペニャニエト来訪のときの様子


公会堂でのスピーチでも学生の抗議が。EPNがアテンコ事件(EPNがメキシコ州知事だった2006年、同州のサンサルバドールアテンコで空港建設反対に立ち上がった市民に対し、警察機動隊に武力と暴力で抑え込むことを指示した。殺害された者、投獄された者や、警察に強姦された女性たちもいる)についてスピーチするも、「市民の安全を守るためにやむなく武力を行使した」って言ってるけど、市民の権力を踏みにじり、暴力で抑え込み、命を奪うことが市民の安全を守ることなんでしょうか?


「ペニャは出てけ」「アテンコはおまえを忘れない」と学生たちが叫ぶなか、逃げるように去るEPN。

この後、PRIが大学来訪の模様を独自に編集したビデオを発表。支持する学生が登場する設定になっているが、実際はPRIのEPNキャンペーンに関わる若者たちで、イベロアメリカ大学の学生ではない。
悪名高い元大統領カルロス・サリナス・デ・ゴルタリ (EPNの背後には彼の存在があると言われている)のマスクをつける者たちの姿や、アテンコ事件への抗議プラカードや「人殺し」「アテンコ」「イベロ大学はあんたなんていらない」といったシュプレヒコールがあがっていたのもきれいに削除され、ソフトなムード音楽でまとめあげられていた。
↓このビデオでは、それを検証している。


(追記補足;5月25日)
前述の131人が登場するビデオは学生証とID番号をカメラの前で述べる姿が映っているもの。

自分たちがイベロアメリカ大学の生徒だということをアピールし、PRIやマスコミの情報操作に対する抗議の姿勢を示している。それが大反響を呼んだことから、PRIはその131人の学生を探せと大学側に依頼状まで送っていたのがFacebook上でも流出した。



facebookやtwitterでもEPN叩きはすごいし、先週メキシコシティで行われたEPN抗議デモには4万6千人が集まっていたそうだ。人々が『EPNはメディアを操るが、わたしたちにはネットとストリートがある』という主張を訴えていたように、私や友人のまわりでもEPNに投票しようとしている人は誰もいないはずなのに、彼が圧勝すると皆口をそろえて言う。なんか、不気味。
その暗黙の了解みたいなものが、EPNを勝利に導いてしまうのかもしれない。


関連記事 
マヌ・チャオがグアダラハラ映画祭での演奏を中止した顛末
マヌ・チャオがグアダラハラ映画祭でアテンコ事件を批判する発言をして、メキシコ政府から圧力がかかったときのこと。これ以降マヌがメキシコで演奏できていないのは、この事件がきっかけなのではと囁かれている。

メキシコ大統領選は終わったのか?

世界を変えることができる人々とは

テレビでは報道されない独立記念日の叫び
スポンサーサイト
[ 2012/05/24 06:50 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(3)

BOCAFLOJAのニュービデオ『グッドマン』完成! 

ラテンアメリカを代表するMCボカフロハのニュービデオが完成。
アルバム『パトロヒアス・デル・インビシブレ・インコモド
に収録され、サンフランシスコのMC、CHANGE(スペイン語名はCAMBIO)と共演した曲『グッドマン』



Bocafloja "Good man" ft. Cambio (Official Video, 2012)


ボカフロハから、日本のリスナーの皆さんへのメッセージも預かっています。

BARRIO GOLD RECORDSのブログをご覧ください。

なんとボカフロハ5月25日からドイツツアーらしいです。近隣にお住まいの方(なんているのか?)ぜひ彼のショーへ行ってみてください!

6月10日に東京、赤坂のジャンカデリックで開催されるイベント『FIESTA LIBRE Vol.2』では、XICO のブースでボカフロハがデザインしたTシャツを販売します!日本では売っていない希少なものなので、この機会にぜひゲットしてください。
アルバムCD『パトロヒアス〜』もイベント内のミュージックキャンプさんのブースで購入可です!

Tシャツのデザインをざっと紹介します。

こんなかんじ↓

P2184513_2.jpg
このボカフロハが着用しているTシャツ。
アルバム『パトロヒアス〜』のなかの『セグンドス』という曲の歌詞をモチーフにしている折り紙の象にバーコードの目がついたデザイン。



こちらは、ボカフロハの率いるコレクティブ名『キロンボアルテ』(厄介者の芸術)
をモチーフにしたQuilomboTシャツ。ラテンアメリカとアフリカ大陸をデザインしたもの。P5155028.jpg



そして、ボカフロハの初期デザイン復刻版Tシャツ。メガフォンをモチーフにしています。
P5155027.jpg



当初イベントでは、メキシコシティのインディーズブランド、チョコラティーナとのコラボレーションを販売予定でしたが、間に合いません...すみません。
でも、いつか日の目をみる時がくると思うので、今しばらくお待ちください。

ところで、帰国が刻々と近づいてきて、めちゃくちゃ落ち着かない日々です。
無事に着けるのか、電車に乗れるのか、くしゃみする人にサルーと声をかけてしまわないか、トイレで紙を流すのを忘れないか、人に挨拶するたびに抱きついてほっぺにチューしてしまわないか、とっても心配!!
でも楽しみにしております!
[ 2012/05/22 12:29 ] お知らせ | トラックバック(-) | CM(0)

レニャテーロス工房の展覧会がメキシコシティで開催! 

TallerLenaterosMAM.jpg

マヤの人々による製紙/製本工房がレニャテーロス工房(Taller Leñateros)。
グアテマラの隣、メキシコ最南部のチアパス州はサンクリストバル・デ・ラスカサスを拠点に、35年以上活動を続けています。

レニャテーロス工房の日本語サイト

前々から企画されていた工房のメキシコシティでの個展がようやく開催されることになりました!チャプルテペック公園内の国立近代美術館(Museo de arte moderno)で 2012年5月16日夜8時がオープニング日!まだ、終了日は掲載されていませんが、けっこう長い期間やるんじゃないかと思う。
メキシコシティに在住の方も、旅で訪れる方も、ぜひ行ってみてください!本当におすすめです。

工房と深い繋がりのあるアーティスト、荒木珠奈さん とのご縁があって、雑誌ソトコトで『レニャテロス工房の錬金術 〜共に作りあげた35年』という連載(2010年12月号から2011年4月号まで)をさせていただいたこともありました。

荒木さんの努力もあり、現在は頻繁に日本で工房を紹介するイベントが開催され、その製品が日本でも購入できるようになりました。製作中の荒木さんと工房のコラボ絵本、『NENE SOL』の日本語版の完成も楽しみです。

荒木珠奈さん主宰で行う日本でのレニャテーロス工房の活動は
↓こちらのブログをご覧ください!
¡Kamihanga!

そのほかのレニャテーロス工房関連記事はこちら
取材時にチアパスを訪れたときのことなども書いています。

[ 2012/05/11 09:29 ] チアパス、レニャテーロス工房 | トラックバック(-) | CM(0)

再会 

puesto.jpg
(写真と本文はまったく関係ありません)

もうすぐ帰国。久しぶりにいろんな人たちに会えること、
知らない誰かに出会えること、かつて住み慣れた町を改めて歩くことを楽しみにしています。
その反面、日本のスピードについていけるか不安でもあります。

メキシコにいる5年のあいだに日本からいろんな友達が会いにきてくれたのですが、一番最近になって7年ぶりくらいに再会した友人がHINAちゃん。
HINAちゃんは、パートナーと半年くらいかけて世界のあちこちを旅してまわっていて、日本帰国直前にメキシコシティへ寄ってくれたのでした。

そんな彼女の旅ブログが面白い!他のブログにはなかなかない、夜遊び情報もバッチリ入っているので、ぜひ、旅の参考に!  
メキシコシティでサロン・ロス・アンヘレスに一緒に行ったら、とても気に入ってくれて、そのときのこともステキに書いてくれてます。

こちら

私は下町の昔からあるようなサロンが大好きで、いつかサロンで粋に踊ってみたいと思い、テピートでパチューコの先生からサロン・デ・バイレ(サロン用のダンス)を習っていたこともあるのですが、いまだに全然踊れません。

詳しくはこちらの記事を↓

メキシコのパチューコたちが集合

HINAちゃんはパートナーのYOSHIさんと一緒に逗子海岸で海の家、HAPPY GO LUCKYを営んでいます。

今年は6月29日(金)がオープンで、9月2日までの66日間営業。
6月29日(金)、翌日6月30日(土)はオープニングパーティだそうです。

ライブやDJイベントもやっていて、とてもかっこいい海の家みたいで、
本当に行きたかったけど、今回の帰国は日程が合わず残念だ〜!!!
モヒートが名物だそうです!ぜひ私のかわりに楽しんで!!!

HINAちゃんと出会ったのは、スペイン語を勉強し始めた頃に通っていた横浜のスペイン語サークルで、出会ってからもう10年近くたってるんだよな〜。
このサークル、南米から出稼ぎにきてる人たちと、日本人の交流を目的としていて、お互いの言語を教え合う感じ(でも南米からきてる人たちは、すげー日本語できるから、ほとんど彼らから教わっているだけだったけど)。
とてもユルいノリだったけど、NHKラジオスペイン語講座のテキストを使って勉強していたので、けっこうちゃんとしていた。楽しかったな。

そんな、昔のことを思い出させるような、思いがけない再会が最近は本当に多く、これは初心を忘れずにしっかりやれということだと噛み締めております。





[ 2012/05/11 08:35 ] 日常と社会 | トラックバック(-) | CM(0)

FIESTA LIBRE Vol.2開催 

fiestalibre2mini.jpg

なんと、5年ぶり(いや、もっと?忘れたけど...)に日本へ一時帰国することになりました!
もう外国に行くような感覚です。今でも日本に帰るのが信じられない。
果たして適応できるのでしょうか....。

せっかくなので、6月10日(日曜日)の午後から、東京で1日だけのイベントを仲間たちとやることになりました。
前回も好評だった、メキシコにゆかりのあるショップが集まる展示即売会、FIESTA LIBRE
http://www.fiestalibre.com/ の第2弾に参加させていただきます。

私は、夫が中心になってやっているTシャツブランド、XICOの行商をやります。
XICOのオリジナルTシャツのほかに、メキシコシティ出身で、ラテンアメリカを代表するMCボカフロハがデザインしたTシャツや、以前イダルゴの羊毛製品プロジェクト、ラナにも関わっていたエリサ・レムスのインディーズブランド、チョコラティーナとのコラボTシャツも販売予定です。

そして、夕方からのパーティでは、チカーノ、メキシコ音楽のDJタイム。
ミュージックキャンプの宮田信さんがメロウなチカーノソウルなどをアナログで渋くかける一方で、私は、超コテコテ大衆音楽と最新鋭音楽の両極端な選曲で、皆をずっこけさせます!
さらに、トークショーもやります!
そこで、司会をお願いしたのが、昨年公開され話題になったメキシコ映画『グッド・ハーブ』などのラテン映画の秀作をひとりで配給し続ける、アクション代表の比嘉セツさん!きっとおもろいトークになること間違いナシです。
会場では私が編集/執筆させていただいた映画『グッド・ハーブ』のパンフレットも販売するので、買い逃した方は、この機会にぜひ〜〜!

このイベント、急にバタバタと決まり、開催まで、あと1ヶ月しかありません。
FacebookやTwitter、ブログなどで告知にご協力いただけるとありがたいです!

ちなみにFacebookのイベントページはこちら

FIESTA LIBREの味のある素敵なチラシ(フライヤーっていわなくてすみません)のデザインやWEBサイトを手がけてくれたのはFRENZY WORKSのRさんです!

ぜひぜひ、お越し下さいね〜〜。

以下、詳細情報です↓

[ 2012/05/08 18:07 ] お知らせ | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。