El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アナ・ティジュ『ショック』の日本語字幕付きビデオ 

今年1月に、最新アルバム、『ラ・バラ』を発表したばかりの、ラテンアメリカを代表するチリのMC、アナ・ティジュ。アルバム『ラ・バラ』に収録され、2011年より激化するチリの学生運動を支援するための曲として、世界中で話題になっている『ショック(Shock)』の日本語字幕付き公式ビデオが完成しました!

学生運動に実際に参加する若者たちが出演し、占拠中の学校で撮影されたショックのPV。あくまで学生たちが主人公なのがいい!↓


本当に素晴らしい曲なので、このメッセージを、ぜひ日本の人たちにも共有してほしい。すべての闘うひとたちに捧げられた歌です。

この字幕作業を行い、ビデオに登場する学生たちの発言を日本語に訳してくれたのが、ルリさん。
キューバ愛に溢れ、なおかつありきたりでない情報を提供するブログ『やくざなキューバブログ』や、ラテンアメリカのヒップホップのビデオを翻訳して日本語字幕をつけるチャンネル『Video Rebelde』の運営者(Comuinistadelaluz)でもあります。最近ではキューバのヒップホップ・ドキュメンタリー映画『Calle Real 70』に字幕をつけたりもしている!
また、逆に日本のヒップホップやレゲエのビデオをスペイン語、英語訳し、字幕をつけたりもしているのです。とても骨の折れる作業だと思いますが、情熱でここまでやってるのが、すごい!

確かに、スペイン語は日本のなかでは、まだまだマイナーだし、とくにラテンアメリカのカルチャーなんて、もっとマイナー。でも、ラテンアメリカに生きる人々のパワーによって、豊かな気持ちになったり、励まされたり、刺激を与えられること、うわべだけでない現実を知ることって本当に多い。
それを、全く違う文化を持つ日本の人々に、こんな面白い世界もある、こんな悲しいことも起こっている、でも闘っているひとたちもいる、こんな音楽を聴いて楽しんでいる.....とかいうことを広めたい!というところで、私はルリさんと共通の思いがあると勝手に思っています(いつになく、語りモードですみません....え、いつも?!)。

というわけで、アナ・ティジュにピンときたら、『ショック』が収録され、ミュージックキャンプから発売中の日本盤『ラ・バラ』をぜひよろしく!!日本盤では、収録4曲の日本語歌詞も掲載しています!

ライナーでは、彼女の曲の世界を少しでも身近に感じてもらえるように、特別にメッセージももらったし、気合い入れて書きました。

BG5122.jpg

アルバムの試聴はこちらから


スポンサーサイト
[ 2012/02/28 07:47 ] お知らせ | トラックバック(-) | CM(2)

メキシコのスーパーで買えるお気に入りの品 

R0020843.jpg

最近、お気に入りなのが、メキシコ全国チェーンのスーパー、
チェドラウィで買えるオーガニック・アガベ・シロップ。
なんと28ぺソ(160円くらいか?)。
日本じゃ2000円はするようなものが、メキシコならではの激安価格。
メキシコに来るなら、手軽なおみやげとして買いですよ!

ちなみにアガベとはテキーラの原料となるマゲイ(竜舌蘭)の一種です。
このシロップ、甘いのに糖尿病のひとが摂っても害にならない優れた食品。
最近は砂糖のかわりに、これを使ってます。のどにもいいみたいで、咳止めシロップにもなるし、これにショウガのすりおろしをたくさん入れたものを、お湯で割ったらとっても身体が温まる。
あと、炭酸で割って、自家製ジンジャーエールとかもうまそう。

それと、これは全然日本からの旅行者にはありがたくないものかもしれないが、同スーパーで衝撃的なものを発見。

R0020849.jpg


日本のあられとチリまみれのピーナッツが一緒になったおつまみパック!

R0020841.jpg

『日本ミックス』という名前だが.....
....ていうか、チリまみれのピーナッツ、イラね。
あられ100%にしてくれないかしら....。

当地日本食材屋で、「あられ」は高価だけど、さすがチェドラウィ、一袋30ぺソくらいでした。

チェドラウィについては、All Aboutメキシコの記事、メキシコシティのスーパーをご覧ください。 

[ 2012/02/24 11:41 ] 日常と社会 | トラックバック(-) | CM(1)

intoxicate vol.96で4コママンガ書きました 

intoxicate_vol96表紙

タワーレコードのフリーマガジンintoxicate(イントキシケイト)の2012年2月20日発行 vol.96にて、『人コマゴマ』というコーナーのための4コママンガを書かせていただきました。テーマはメキシコのコンビニについてです。
マンガ家でデビューするのが小学校の頃の夢でしたが、苦節30年、やっと叶いました(しかし次回作は未定。画力は小学校の頃のほうがはるかに高かった)!
全国のタワーレコードで配布されています。読んでみてください。




[ 2012/02/19 17:03 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)

Latina2012年3月号にソンハローチョ・フェスの記事 

Latina2012_3.jpg

2012年2月20日発売の月刊ラティーナで、ベラクルス州、トラコタルパンで1月31日から2月2日のカンデラリアの時期に合わせて毎年行われる、ソンハローチョのフェスティバルの長文記事を書かせていただきました!おそらく、このフェスのことを大々的にレポートしている記事は、日本でも初めてなのではないかと思います。
ぜひ読んでみてください。

fandango1.jpg
fandango2.jpg

トラコタルパンの写真スライドショーはこちら↓


[ 2012/02/18 09:35 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)

メキシコで足立正生作品を観ることになるとは.... 

ficunam2012.jpg

2011年にスタートしたばかりの映画祭、
メキシコ国立自治大学国際映画祭FICUNAMが、今年2012年は2月23日から3月1日まで開催。
そして、なぜか今年は足立正生特集なんですけど!
イメージフォーラムの研究生時代と、中野武蔵野ホールのもぎり時代に
『ゆけゆけ2度目の処女』とか『夢幻地獄』とか何本か観ているはずなのだが、いかんせん20年前くらいの話なので、うろ覚えすぎて、観に行こうと思う。
しかしメキシコで、こんなアングラ日本映画を観るときが来るなんて!

あとは、ジョナス・メカスの新作とアレハンドロ・ホドロフスキーの観たことない昔の作品もやるので楽しみ。

ambulante2012.jpg

それから、移動ドキュメンタリー映画祭アンブランテが、もう始まっている。
2年連続で取材してたんだが、今年は体調が万全じゃないので断念した。
映画祭取材はすげー疲れるからねえ。でも観たい作品はいくつかあって、音楽ものでは、ヒップホップグループ、ア・トライブ・コールド・クエストのドキュメンタリー『BEATS, RHYMES & LIFE: THE TRAVELS OF A TRIBE CALLED QUEST
とカエターノ・ヴェローソ、ジルベルト・ジルなどトロピカリズモのアーティストを扱ったドキュメンタリー『UNA NOITE EM67』が気になっている。




[ 2012/02/17 02:00 ] お知らせ | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。