El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日の写真:回転木馬 

R0020034.jpg

アラメダ公園に年末から設置されている回転木馬。
観光地にあるわりに、ごみ溜めみたいな公園だけど、
夜がやってくると、この回転木馬のおかげで美しく見える。

思い出したのは、飛行機から眺める、ベルベッドの絨毯に宝石を散らしたようなメキシコシティの夜景。
世界トップクラスに美しいと思うのだけど、大気汚染も、腐ったものも、きれいなものも、人々の鬱憤も、喜びも全部をひっくるめて、包みこんでいる。
夜に放たれる光は、そんな包みこむ力があるから美しいと感じるのかもな。


スポンサーサイト
[ 2011/02/22 10:13 ] 本日の写真 | トラックバック(-) | CM(4)

『マサウアチョロスカトプンク』の屋外写真展 

メキシコの写真家、FEDERICO GAMA(フェデリコ・ガマ)がメキシコシティに出稼ぎにきているインディへナ(先住民)の若者たちの新しいファッションを捉えた写真集、『MAZAHUACHOLOSKATEPUNK』(マサウアチョロスカトプンク)。

過去記事

mazahuachos.jpg


『MAZAHUACHOLOSKATEPUNK』は、社会のインディへナへの差別から、あえて都会の若者のスタイル(チカーノギャングであるチョロ、パンクス、スケーター、ロッカーなどなど)を吸収し、独自なファッションを生み出し、都市の風景に溶け込むかのようにしている若者たちを捉えた写真シリーズです。

2009年に雑誌ラティーナの記事のためにガマ氏に取材をさせていただき、(そのスペイン語訳はこちら
彼のブログでも記事を紹介していただきました。

その『mazahuacholoskatopunk』の写真シリーズが、先週からメキシコシティの中心にあるソカロ(大広場)の大聖堂の裏の道(Calle Guatemara)で屋外展示されています。4月まで展示するようなので、ぜひメキシコシティに立ち寄られた際はご覧ください。

Mazahua5.jpg
mazahua2.jpg

町中に堂々と展示された『Mazahuacholoskatopunk』!!
写真展の名前は『TACUBAYA una cultura de transito(タクバヤ 通過の文化)』。タクバヤはメキシコシティ西部にある地域の名前で、先住民マサウアの人々たちのメキシコシティ内のコミュニティがある場所。ガマ氏の出身地でもあります。

mazahua4.jpg

幅広ジーパンを地面に擦らないように裾を画鋲でスニーカーにとめるアイデアがいい!

mazahua1.jpg
mazahua3.jpg

観光地でもあるので、人通りも多く、様々な人が足を止めて興味深そうに写真を見ています。


そんな様子をみて、彼が以前から言っていた
「今やりたいことは、『マサウアチョロスカトプンク』に登場したインディヘナの若者たちの写真を、街のビルボードに展示すること。それはインディへナの存在を考古学上のものとしか考えず、不可視としてきた社会への挑戦状でもある」というのが叶ったんだなーと思いました。

ちょっと前にポランコ(高級ショッピング街)の写真ギャラリーで展示されてたみたいだけど、
そんな閉鎖的なところで展示するより全然いいぜ!!!






[ 2011/02/21 12:07 ] 文化 | トラックバック(-) | CM(0)

CDジャーナル2011年3月号 

201103cover.jpg

現在発売中のCDジャーナル2011年3月号に、間もなく来日するベネズエラのラテンファンクバンド、Los Amigos Invisiblesのインタビュー記事を書かせていただきました!ベネズエラの音楽シーンの実情に関しても語ってもらえました。

3月の来日公演に関しては、こちらをご覧ください!

Los amigos invisiblesのギタリストでもある、DJ AFROのデビューアルバムに関してはこちらを!

[ 2011/02/20 11:16 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)

メキシカンカフェと雑貨のTOMBOLAがオープン 

tonbola abiert

大阪で10年以上もメキシコ食堂を続けたブロディ
先頃閉店してしまったのですが、ブロディのオーナーでミュージシャンでもあるナンバマンさんが、南船場にタコスカフェ&バー、メキシコ雑貨も扱うTOMBOLAを2月18日よりオープン! 
tombolamap.jpg

↓店名のTOMBOLA(たからくじ)はマヌチャオの名曲から名付けたそうです。
クストリッツア監督『マラドーナ』のこのシーンはいつ観ても泣ける。



日本に行ったときに寄りたい場所がまた増えました!

...と書きながらも経済的事情で日本へは全く帰れそうにありません!
誰か仕事ください~。
ところで、日本のライターの人たちはみんなどうやって喰っているんでしょうか。
ライター仕事だけでやってけてるわけないよね????
ワタシ、ニホンデナンテェ、セッタイニ生キテイケヌァイワ!!.....と何故か片言で話してみる。
TOMBOLAの宣伝のつもりが、自分の売り込みなのか、ボヤキなのかわからない〆になってしまった....。
まあLA VIDA es TOMBOLA(人生は宝くじ)ですから、いつの日か日本帰省ができることを祈りつつ...

[ 2011/02/15 08:15 ] お知らせ | トラックバック(-) | CM(2)

Los Amigos InvisiblesのDJ AFROソロ作がリリース 

BG5109.jpg

南米ベネズエラ出身、ファンク、ディスコ、ラウンジを艶やかにラテンと融合させるグループ、ロス・アミーゴス・インビシブレス(略してLAI)の多くの楽曲を手がけるギタリスト、ホセ・ルイス・パルドのソロプロジェクト=DJ AFRO。
[ 2011/02/11 18:55 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。