El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日の写真:SOS! 

Sos.jpg

SOSとはメキシコの米メーカーです。
いろんな種類の米があって、これは寿司用の
カリフォルニア米。圧力鍋で炊くと、
なかなか美味しくいただけるんです。
ちなみにこのメーカーの玄米があって、
ヘルシーぶって食べたら蕁麻疹が出ました。
残留農薬が濃そうです。




スポンサーサイト
[ 2011/01/30 21:24 ] 本日の写真 | トラックバック(-) | CM(0)

2月、メキシコシティで3つも国際映画祭が開催 

latina20112.gif

今発売中のラティーナ2月号のメキシコニュース欄に、
2月にメキシコシティで3つも映画祭が開催されるという記事を書いております。
1つはおなじみ、いつも良質の映画を上映する移動ドキュメンタリー映画祭、アンブランテ
あとの2つは今年から始まる国際映画祭でソカロを舞台にしたメキシコシティ国際映画祭と、メキシコ国立自治大学(UNAM)をメイン会場にしたUNAM国際映画祭

UNAMの映画祭はアンブランテと共同企画で、ベンダ・ビリリを上映するようで、嬉しい!
インディー気質の映画祭になりそうなところも非常に楽しみだー。

一方、ソカロをメイン会場にするメキシコシティ国際映画祭はどーかなー。
無料上映も多そうだから、開かれた映画祭になってほしい。
招待国がキューバというのにも、興味津々です。

この3つの映画祭レポートを書くために今準備中ですが、
アンブランテは前回取材したし、今年でもう6回目だから、おそらく大丈夫。
(今年はトリンTミンハ特集なんだって。渋い!!約20年前、某映像学校に通っていたときに
何本か観ましたが、ほとんど忘れているので観直します)
UNAMは返事が早かったけど、まだちゃんとプログラムが決定してない。
メキシコシティ映画祭は、プレス登録してもまったく返事なし。。。さらに追加で問い合わせしても
まったく返事なしという感じです。

どんな展開になるかなー。
またきっと連絡が遅かったり、思い通りにことが運ばなくてヤキモキするんだろうな...
今年は余裕ぶっこいて取材したいもんだ...。

[ 2011/01/24 08:32 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)

レインボー・ローフードがオープン! 

RainbowRaw.jpg

メキシコネタではありませんが、お知らせです。
友人たちがいつの間にか東京の浜松町にカフェ&レストランをオープンしておりました!
しかもつい先日(2011年1月14日)オープンしたようです。

レインボー・ローフード
http://rainbowrawfood.com/

なんと、ローフード料理の専門店らしい!
ホームページ読んでたら、毎日人参ジュース飲まないといけない気がしてきた。
以前健康のために生ジュース飲んでたけど、メキシコに来て全然実践してないなーと
気づきました。明日から人参ジュースのみます!

日本の皆様、ぜひ行ってみてください。




[ 2011/01/20 09:30 ] お知らせ | トラックバック(-) | CM(0)

テキーラ・メスカル博物館がガリバルディ広場にオープン 

All Aboutに2010年12月にオープンしたばかりの、テキーラ・メスカル博物館の紹介記事書いてます。
ここ、マジでおすすめです!

P1082337.jpg

博物館がオープンした場所は、なんとガリバルディ広場!
あのマリアッチほか伝統音楽楽団がいっぺんに演奏するため、うるさくて、
広場内では酒が呑めるので、酔っぱらいがたむろして、シンナー吸ってるひとも、
立ちションしてる人もいっぱいいて、とてもしょっぱい雰囲気だった場所です
(きらいではなかったけどね。あのいかがわしさも)。
観光名所でありながら、とても観光客を連れていけない雰囲気だったのですが、
博物館の建築とともに、広場の舗装改修工事をして、街灯もたくさん設置。
掃除も徹底して、かつてのゴミ溜みたいな場所から、ふつうの広場に生まれ変わってビックリ!
博物館の展示の規模は大きくないんですが、上のテラスバーがおすすめ。
P1082372.jpg
P1082361.jpg
P1082360.jpg
↑ラテンアメリカタワーも見える!

珍しいメスカルもたくさん取り揃えているし、何よりも安い!!
うまいメスカルが20ペソ代から飲めるのはいいね~(ちなみにビールの方が高い....)。
広報担当の方によれば、これからちゃんとシェフを呼んで、
本格的なメキシコ料理を提供したいそうです。
あと、DJイベントもやれるようにしたいらしい。
この近隣はバリオなんだけど、地元の子供向けのワークショップもやっていくそう。
そういう活動は、すげーいいよな。

P1082340.jpg

改修工事はやっても、マリアッチの守り神(聖人)、Santa Cecilia(サンタ・セシリア)を祀った祭壇をちゃんと残しているのがいいね。
毎年11月22日は、このセシリアさんの記憶日なので盛大に祝われるそう。

これからは、ぜひガリバルディ広場も観光コースに!
この広場には、1930年代から続くプルケリアもあります。
いっつも店主が酔っぱらって働いてないですが、プルケはおいしい。
おすすめです(この記事の最後のほうに出てる店)。



[ 2011/01/18 08:44 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(2)

レニャテロス工房サイトの日本語版がオープン! 

lenaHpjp.jpg

レニャテロス工房のサイト
の日本語版がオープンしたというお知らせをいただきました。

こちら

まだ少々手直しが必要ということですが、しっかり出来ています!
カタログも日本語訳されているので、ぜひご覧ください。

cover_201102.jpg

ソトコトにも連載中の『レニャテロス工房の錬金術』。現在発売中の2011年2月号掲載の第三回目は、工房のメンバーでもある先住民のひとびとについて書きました。外国人からの視点でもそうですが、メキシコ国内においても、メキシコの先住民のイメージってステレオタイプが多い気がするのです。先住民=素朴で昔ながらの暮らしをしていて、保守的で...という感じのもの。
しかし、私がチアパスで出会ったマヤ系先住民のひとたちは、そんなステレオタイプを打ち壊す、現代を生き、新たな伝統を築く人々だった....というようなことを記事にしているので、読んでみてください。
[ 2011/01/06 15:56 ] チアパス、レニャテーロス工房 | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。