El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チアパスへ行ってきました4 

レニャテロス工房のAmbarさんのお宅に招待していだき、みんなで食事をしました。

casaAmbar1.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/10/18 10:30 ] チアパス、レニャテーロス工房 | トラックバック(-) | CM(1)

チアパスへ行ってきました3 

レニャテロス工房の35周年記念として展覧会が開催されました。工房の歴史を振り返るような内容で、さらに荒木珠奈さんの新しいプロジェクトの原画も展示された、過去、現在、未来がつまった素敵な展示。

tallerExpo7.jpg
tallerExpo5.jpg



[ 2010/10/18 10:19 ] チアパス、レニャテーロス工房 | トラックバック(-) | CM(0)

チアパスへ行ってきました2 

taller2.jpg
taller1.jpg
tallerproceso1.jpg
tallertienda3.jpg
tallertienda4.jpg


[ 2010/10/18 10:12 ] チアパス、レニャテーロス工房 | トラックバック(-) | CM(5)

ベジャスアルテス前でジャズコンサート! 

jazzatlincon.jpg

ただいまメキシコシティに滞在中のウイントン・マルサリス率いる Jazz at Lincoln Center Orchestra が、ベジャスアルテス(国立芸術院)の真ん前で無料ライブをやるとの情報をききつけ、観に行ってきました。キューバのパキート・デ・リベラ(サックス)、チャノ・ドミンゲス(ピアニスト)がフラメンコのクアルテートを率い参加と超豪華。
そういや、キューバの聖子ちゃんのブログで、キューバで演奏したってのは読んでたけど、メキシコに来るのは知らなかったのだ。
R0019663.jpg
R0019667.jpg
イタリアの建築家による派手なベジャスアルテスの真ん前にステージが組まれて、華麗な屋外コンサート会場に変身。町の騒音も混じって、なんかいい感じ。
寒かったので途中で退散したけど、大都会メキシコシティの真ん中で一流ミュージシャンたちのジャズを聴くのはなかなかオツでしたよ。なんでもベジャスアルテスの改修工事終了の再オープン記念だったようです。
こういう趣味のいいイベント、もっとやってくれないかなー。

あと、フィリップ・グラスも18日と19日に演奏するようです。

[ 2010/10/14 20:23 ] 日常と社会 | トラックバック(-) | CM(0)

ドン底から立ち上がる!アルゼンチン映画『ルイーサ』 

Luisa.jpg

アルゼンチン映画『ルイーサ』が10月16日より東京、渋谷のユーロスペースで公開されます!



ブエノスアイレスの音楽集団=スーペルチャランゴが手がける映画の音楽が非常に素晴らしいのですが、そのメンバーにメールでインタビュー。音楽についての文章をパンフレット用に書かせていただきました。
この文章書いてるときにちょうど、ベネズエラのクアルトポデールのライナーも書いてたんだけど、スーペルチャランゴの手による『ルイーサ』のメインテーマもベネズエラのホローポが元になっているというのは奇遇だったな。

肝心の映画の内容は、実際に観ていただくのが重要なのでここでは申し上げません!
「観ると元気になる」、というとなんか安っぽい言い回しなんで、そのようには言いたくないのですが、
とにかく観れば、前に進む気持ちを奮い立たせてくれる。そんな映画です!
日本はさらに暗くなっているとメキシコに来る日本人の方々に噂はきいていますが(なにせ4年近く日本に戻っていないので美味しいラーメンの味も忘れつつある....)、そんなどんよりした空気を感じているのだったら、日本の方々にぜひ観てほしい!!

それと、配給をやっているアクションの比嘉さんが連載するオールアバウトのコラム、すごくいい!!
『ルイーサ』と同様、なんか背中を押されたような気になります。

All About for F「人生はカーニバル


[ 2010/10/12 09:05 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。