El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラティーナ2010年10月号メキシコ特集にAliciaの記事 


LaTIna (ラティーナ) 2010年 10月号 [雑誌]LaTIna (ラティーナ) 2010年 10月号 [雑誌]
(2010/09/18)
不明

商品詳細を見る

ちと旅に出ておったので、ご報告が遅れましたが、現在発売中のラティーナ2010年 10月号はメキシコ特集です。
メキシコシティの文化スペース、Multiforo ALICIAを通してみた、メキシコのアンダーグラウンドシーンについて書かせていただきました。
アリシアが今年で15周年を迎えたのですが、その記念として出版され、アリシアの歴史をスタッフやゆかりの深いアーティストたちの言葉とともに綴った本=『Alicia en el espejo(鏡の中のアリス)』についても書いています。アリシアはメキシコの真のカルチャーを支えてきたメキシコのCBGBとも謳われる場所。私がメキシコで観たコンサートのなかで素晴らしと思ったのは、ほとんどアリシアで行われたものばかり。どんな豪華な巨大フェスもアリシアでやるライヴにはかなわない。やっぱり特別なんだと思う。サパティスタ民族解放軍の音楽部門の支援を続けていることから、マヌ・チャオやフェルミン・ムグルサとも同士。彼らはアリシアのことをメキシコの我が家のように感じていて、来墨の際は他のどんな大きい会場でコンサートをやっても、必ず訪れて、時にはこっそり演奏することもあります。

さらに、海外ニュース欄(メキシコ)では、ここでも紹介したオアハカの画家=フランシスコ・トレドの生誕70周年記念で彼のドキュメンタリー映画『El informe Toledo』(アルビノ・アルバレス監督)の全国上映と展覧会の話題と、それを記念したコンファレンスに、アルバレス監督、トレドの娘である詩人のナタリア、そして詩人のエレナ・ポニアトウスカが参加したときの模様を書かせていただきました。

ぜひ読んでみてください!



スポンサーサイト
[ 2010/09/24 07:11 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)

新500メキシコペソ札はフリーダ&ディエゴ 

ガーン。
銀行でお金卸したら、全部これできた....。


R0019556.jpg
R0019555.jpg

片方の面にフリーダカーロ、もう片方の面にはディエゴ・リベラの肖像。
そして、それぞれの絵画をモチーフにしたイラストが....
(どっちが表なのかしらないけど)
フリーダのほうのイラスト、怖い。
こんな新札でるって知らなかった...
これ、店でちゃんと受け付けてもらえるのかしら。
....それが心配。

それにしても今日は、まっとうなメキシコブログっぽいこと書いたな....。
調子わるくなりそう...。
[ 2010/09/13 12:01 ] 日常と社会 | トラックバック(-) | CM(6)

TOWER.JPにラテンビート映画祭紹介記事 

intoxicateWeb_convert_20100911235401.jpg

こちらのブログでも紹介しましたが、まもなく開催されるラテンビート映画祭2010
タワーレコード発行の冊子、Intoxicate (イントキシケイト)2010年8月20日発行号に書いたラテンビート映画祭の紹介記事がタワーレコードのWEBサイト、TOWER RECORDS ONLINE内のIntoxicate特集記事としてアップされております。
ぜひご覧ください~。


[ 2010/09/11 06:56 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)

NORTEC presents ボスティッチ+フッシブレ新作! 

BG5097.jpg

アメリカ合衆国との国境の街、ティファナ発のエレクトロニックミュージック・グループ=ノルテックコレクティヴのボスティッチ+フッシブレの新作『ブレバール2000』がミュージックキャンプより2010年9月12日に日本発売されます!

NortecCollective.jpg
写真は2010年のFMXフェスティバルでの演奏↑
[ 2010/09/10 20:31 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)

映画『El Infierno』....¡Nada que celebrar2010! 

elInfernoP.jpg
いま、メキシコは9月16日の独立記念日にむけてソカロ(大広場)も
飾り付けがすすみ、お祭りムードになってきました。
今年は独立から200周年ということで盛大に祝われる予定ですが、
なんでも、その祝典のための予算が5億8千万ペソらしい。
「予算はオリンピック級の国家規模のイベントにしては経済的な額」
とか政府の担当者が言ってて、アホかと思いました。何が経済的じゃ。
メキシコ史上最多の花火をあげるらしけど、その金を別のことに使った方がいいんではないか?
多くのメキシコ人たちはお祭り騒ぎが好きだから、表面的には
盛り上がると思うけど、その心の中では、この行事を冷めてみていると思います。

そんなわけのわからん200周年にあわせ、ダミアン・ビチルが、
イダルゴ神父の頭を見事に再現している伝記映画『HIDALGO』やら、
独立記念を祝した映画が続々と公開中なんだけど、
そのなかで気になっていたルイス・エストラダ監督(『la lay de Herodes』)の最新作
EL INFIERNO』(地獄)を観てきました。


[ 2010/09/06 17:40 ] 映画 | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。