El fandango en la frontera

辺境のファンダンゴ。メキシコ在住ライターのラテンアメリカ情報ブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Las muertes chiquitas おんなたちの肖像 

今回の記事は、ブログで書こうと思っていたんだけど、タイミングを逃していたもの。
ちょっと話題が古いのですが、どうしても書いておきたいので、掲載します。
ーーーー
スポンサーサイト
[ 2010/04/25 17:18 ] メキシコ裏観光 | トラックバック(-) | CM(0)

マヌ・チャオの父=ラモン・チャオの著書を日本で出版化 

ramonprojecto.jpg

RADIOCHANGO.JPのEBITAさんより、わくわくするお知らせが届きました!
[ 2010/04/22 15:37 ] | トラックバック(-) | CM(0)

ラティーナ2010年5月号 グアダラハラ映画祭レポート 

LaTIna ( ラティーナ ) 2010年 05月号 [雑誌]LaTIna ( ラティーナ ) 2010年 05月号 [雑誌]
(2010/04/20)
不明

商品詳細を見る

いま発売中のラティーナ5月号に、今年で25周年を迎えたグアダラハラ国際映画祭の
レポート記事と、海外ニュース欄に、ここでもちょっと触れた
ボンバエステーレオ、ノルテックが出演したFMX(Festival de México)の
ミニレポートを書いています。
よろしくです!

[ 2010/04/20 09:02 ] 業務報告 | トラックバック(-) | CM(0)

国境を越える物語 

norteado2.jpg

日本で6月に公開されるキャリー・フクナガ監督の
闇の列車、光の旅』。
メキシコで2009年に観ました。
中米の移民たちの現実をドラマ仕立てで、世にわかりやすく伝える
という点ではいいと思いますが、アメリカ合衆国のエルサルバドル
移民発祥のギャング団で、現在南北アメリカ大陸に勢力を発展している
=マラス(マラサルバトルチャ)の説明が、はしょられすぎてるなー
という印象を受けました。
4月21日発売のローライダーマガジン(なんと今号で休刊だそう!!)
で、宮田信さんが『闇の列車、光の旅』の映画評を書かれているそうです。
私は記事を読んでいないのですが、そこではマラスとは何かについて、
多く書かれたとのこと。
チカーノ文化に20年以上関わり、マラスが誕生したロサンゼルスの
歴史を見続けてきた宮田さんだからこそ、書けるものだと思います。
ぜひ読んでみてください。

ところで、昨日、かなり興味深い映画『NORTEADO』を観ました。
監督は本作がデビューとなるオアハカ出身のリゴベルト・ペレスカノ。
国内外のいろんな映画祭で上映され、賞もとっているようです。

[ 2010/04/20 07:54 ] 映画 | トラックバック(-) | CM(0)

引っ越しました。 

今まで書いていたブログの容量がキツキツになってきたので、
ブログを引っ越しました。それに伴いアドレスも変更になりましたので、
恐れ入りますが、ブックマークやリンクをしていただいている方は、

http://mihonagaya.blog2.fc2.com/

に、アドレスの変更を、お願いいたします。


旧ブログも残しておきますが、いただいたコメントのチェックが
行き届かない場合もあるかもしれません。ご了承ください。
今後とも何卒ごひいきに。



[ 2010/04/15 19:54 ] お知らせ | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。